So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲスの極み乙女やBREAKERZが紅白歌合戦出場濃厚!バンドブーム再燃なるか? [音楽業界]

ゲスの極み乙女。(ゲスノキワミオトメ。)
いかにも「色モノ」的なバンド名だが、そうではなかった。

indigo la End(バンド)の川谷絵音(Vo/Gt))を中心に、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr)、休日課長で結成された4人組バンド。 セカンドシングル『私以外私じゃないの』が『コカ・コーラ』のCMソングに起用されたことで広く知られ、人気を集めた。インパクトのある名前から「またアイドルか?」と思う人もいるかもしれないが実力あるバンドだ。


 その男女4人組バンド「ゲスの極み乙女。」が、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場することが21日、分かった。この日までに内定した。
10~20代を中心に絶大な人気を誇る同バンドは昨年4月デビュー。この1年半、快進撃を続けてきた。昨年8月発売の初シングル「猟奇的なキスを私にして」は、いきなり壇蜜主演テレビ東京系連続ドラマの主題歌に起用された。その後、ポップでキャッチーな楽曲が次々と連ドラや映画、CMに起用された。

 知名度を全国区に押し上げたのは今年春。2枚目のシングル「私以外私じゃないの」(今年4月発売)は、「コカ・コーラ」ネームボトルキャンペーンCM曲としてお茶の間に浸透した。さらに5月、甘利明経済再生担当相がマイナンバー制度のPR会見で、突然歌い出した。「私以外私じゃないの あたりまえだけどね だ・か・ら マイナンバーカード」。「私以外-」の人気を受けた甘利氏の替え歌で、音楽ファン以外にも一気に認知された。

 ある関係者は「この1年の活躍は目を見張るものがある。大臣が会見で替え歌を歌ったのも、それだけ楽曲が全国区だという証しです」と人気、実力とも高く評価する。同局は特に10~20代を中心とした視聴者獲得に向けて、同バンドに大きな期待を寄せている。



 ◆ゲスの極み乙女。 ボーカル兼ギター川谷絵音(26)ベース休日課長(28)キーボードちゃんMARI(28)ドラムほな・いこか(26)の4人で12年5月結成。昨年4月ミニアルバム「みんなノーマル」でメジャーデビュー。敬遠しそうなバンド名とポップなメロディーや訴えかける歌詞のギャップが魅力。楽曲は川谷が作詞、作曲を担当。「私以外-」は日本レコード大賞優秀作品賞に選出。



 4人組ロックバンド、ゲスの極み乙女。
当初はそのバンド名のインパクトからイロモノ的に捉えられることも多かったが、その高い演奏テクニックや音楽性が浸透してきたことで、次世代ロックシーンの最重要バンドとしてファン層を広げている。

強みを活かし短期間でブレイク

 ゲスの極み乙女。は、もともとは川谷絵音がフロントマンを務めるバンド、indigo la Endが対バンライブで出会ったメンバーと気軽にスタジオに入ったことをきっかけに結成。


過去に川谷に話を聞いたとき「本当に適当だったので、最初のアルバムも2日間くらいで録ったんです(笑)」と話していた通り、当初は気の合うミュージシャン同士のお遊び程度のつもりだったようだ。

しかし、ライブや音源を発表していくうちに人気が出始め、昨年4月にアルバム『みんなノーマル』でindigo la Endと同日にワーナーミュージック・ジャパンのunBORDEよりメジャーデビュー。ちなみにバンド名の“ゲスの極み乙女。”は、メンバーのちゃんMARIが持っていたトートバックに書かれていた言葉に由来する。

 彼らが短期間で爆発的にブレイクした理由のひとつは、メディア戦略の上手さにあると言えるだろう。unBORDEレーベルにはゲスの極み乙女。のほか、きゃりーぱみゅぱみゅやandrop、神聖かまってちゃんらテレビやネットメディアなどをうまく活用しブレイクしたアーティストが多数所属しており、ノウハウを蓄積している。









また、スペースシャワーミュージックというメディア系の事務所に所属していることも強み。例えば、セールスに影響を及ぼす可能性もあることからショートバージョンのみを公開しているアーティストも多い新曲MVを発売前からYouTubeでフル公開しているほか、「アソビ」(『au isai FL LGL24』CMソング)、「私以外私じゃないの」(コカ・コーラ「ネームボトルキャンペーン」CMソング)や「デジタルモグラ」(TVドラマ『すべてがFになる』主題歌)など新作には必ずリード曲にタイアップがつき、印象的な使われ方をしており、タイアップに合わせた曲作りができる器用さも武器といえるだろう。
積極的にメディアに出ていく若手バンド

 昨今の若手バンドは、こうしたメディア戦略の上手さでブレイクへと弾みをつけているバンドが多い。一昔前はメディアに出ないことでストイックなイメージ付けをしているバンドも多かったが、テレビやネットなど自ら積極的に発信している印象を受ける。例えば、4人組の男女混合編成であることやメンバー間の仲の良さから、ゲスの極み乙女。と何かと比較されることも多いSEKAI NO OWARIも、インディーズの頃からYouTubeやラジオといったメディアをうまく使い、音楽番組はもちろん、バラエティにも積極的に出演するなどして、ファン層を拡大させてきた。

 一方で、SEKAI NO OWARIはどちらかというと邦楽ポップスを現代風に進化させ、ビジュアルやライブにおける世界観作りなどとことん“エンタテインメント”として昇華させようとしているのに対して、ゲスの極み乙女。の川谷は「重視しているのは“サビのメロディー”。ただ日本人が親しみやすい歌謡的なメロディーではなく、どこかに自分が聴いてきた洋楽の影響を潜ませるようにしている」と話しており、個々のメンバーの豊かな音楽ルーツがぶつかり合い、独特の個性を生み出している。YouTubeのコメント欄には演奏に対する海外からのコメントも多く、どちらかというとバンドとしてのグルーヴ感など、スタイリッシュななかにある骨太さが魅力となっているようだ。

 アイドルグループやアニメソングなどが音楽チャートを賑わせている一方で、サカナクション、ONE OK ROCK、SEAKI NO OWARI、そしてゲスの極み乙女。と、新世代のバンドのブレイクも続いており、点でのヒットから線、やがて面となっていくことで、バンドブーム再燃がいよいよ目前まで迫ってきた。



今年はハッキリいって爆発的なヒット曲や話題の曲は皆無!

紅白歌合戦の目玉企画がないような状態。去年はアナと雪の女王や妖怪ウォッチが人気だったのでメインコーナーとして成り立った。


今回の紅白歌合戦はそういったコーナーはないが初出場のartistを集める事で話題になるかもしれない。



他にもDAIGOが率いるBREAKERZも紅白歌合戦出場濃厚とされている。

あまりインパクトあるヒット曲はないが、実力は申し分ない。
ダイゴも結婚など今年1年も活躍し話題の人なので紅白歌合戦出場は納得できる。


紅白歌合戦も新しい試みをしないとワクワクを持続させることは難しい。
バンドブーム再燃すれば日本は活気づく、近年のアイドルブームに嫌気がさしていた音楽好きな人にとっては朗報かもしれない。










■最新記事■


大横綱北の湖親方死去、木瀬部屋の力士も悲しみの声を寄せた



北斗晶覚悟の坊主を報ずる!瀬戸内寂聴さんにソックリと話題に



ジャーナリストの江森陽弘さん死去





高部あい 妊娠していた。クラック・ベイビーになってしまうのか、、子供に何の罪もないのに




年末ジャンボ宝くじの当て方



福山雅治のベストアルバムは何枚出てんの?



照英最強説!ハリウッドもいけんじゃね?





今年2015年の流行語大賞候補を徹底検証!!





タモリ倶楽部で奇跡!超爆笑の空耳アワーが二週連続で!!


貧乳好き待望の鈴木咲28歳の遅咲き写真集が魅力的




声優仲間も多く金田朋子とユニットも組んでいた松来未佑が38歳で死亡

高部あいコカイン所持逮捕!怪しすぎる人脈の広さの謎や交流関係とは?


元大関バルト!格闘家への挑戦!!ガンバルト意気込む!!




☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ゲスの極み乙女やBREAKERZが紅白歌合戦出場濃厚!バンドブーム再燃なるか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲスの極み乙女やBREAKERZが紅白歌合戦出場濃厚!バンドブーム再燃なるか? [音楽業界]

ゲスの極み乙女。(ゲスノキワミオトメ。)
いかにも「色モノ」的なバンド名だが、そうではなかった。

indigo la End(バンド)の川谷絵音(Vo/Gt))を中心に、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr)、休日課長で結成された4人組バンド。 セカンドシングル『私以外私じゃないの』が『コカ・コーラ』のCMソングに起用されたことで広く知られ、人気を集めた。インパクトのある名前から「またアイドルか?」と思う人もいるかもしれないが実力あるバンドだ。


 その男女4人組バンド「ゲスの極み乙女。」が、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場することが21日、分かった。この日までに内定した。
10~20代を中心に絶大な人気を誇る同バンドは昨年4月デビュー。この1年半、快進撃を続けてきた。昨年8月発売の初シングル「猟奇的なキスを私にして」は、いきなり壇蜜主演テレビ東京系連続ドラマの主題歌に起用された。その後、ポップでキャッチーな楽曲が次々と連ドラや映画、CMに起用された。

 知名度を全国区に押し上げたのは今年春。2枚目のシングル「私以外私じゃないの」(今年4月発売)は、「コカ・コーラ」ネームボトルキャンペーンCM曲としてお茶の間に浸透した。さらに5月、甘利明経済再生担当相がマイナンバー制度のPR会見で、突然歌い出した。「私以外私じゃないの あたりまえだけどね だ・か・ら マイナンバーカード」。「私以外-」の人気を受けた甘利氏の替え歌で、音楽ファン以外にも一気に認知された。

 ある関係者は「この1年の活躍は目を見張るものがある。大臣が会見で替え歌を歌ったのも、それだけ楽曲が全国区だという証しです」と人気、実力とも高く評価する。同局は特に10~20代を中心とした視聴者獲得に向けて、同バンドに大きな期待を寄せている。



 ◆ゲスの極み乙女。 ボーカル兼ギター川谷絵音(26)ベース休日課長(28)キーボードちゃんMARI(28)ドラムほな・いこか(26)の4人で12年5月結成。昨年4月ミニアルバム「みんなノーマル」でメジャーデビュー。敬遠しそうなバンド名とポップなメロディーや訴えかける歌詞のギャップが魅力。楽曲は川谷が作詞、作曲を担当。「私以外-」は日本レコード大賞優秀作品賞に選出。



 4人組ロックバンド、ゲスの極み乙女。
当初はそのバンド名のインパクトからイロモノ的に捉えられることも多かったが、その高い演奏テクニックや音楽性が浸透してきたことで、次世代ロックシーンの最重要バンドとしてファン層を広げている。

強みを活かし短期間でブレイク

 ゲスの極み乙女。は、もともとは川谷絵音がフロントマンを務めるバンド、indigo la Endが対バンライブで出会ったメンバーと気軽にスタジオに入ったことをきっかけに結成。


過去に川谷に話を聞いたとき「本当に適当だったので、最初のアルバムも2日間くらいで録ったんです(笑)」と話していた通り、当初は気の合うミュージシャン同士のお遊び程度のつもりだったようだ。

しかし、ライブや音源を発表していくうちに人気が出始め、昨年4月にアルバム『みんなノーマル』でindigo la Endと同日にワーナーミュージック・ジャパンのunBORDEよりメジャーデビュー。ちなみにバンド名の“ゲスの極み乙女。”は、メンバーのちゃんMARIが持っていたトートバックに書かれていた言葉に由来する。

 彼らが短期間で爆発的にブレイクした理由のひとつは、メディア戦略の上手さにあると言えるだろう。unBORDEレーベルにはゲスの極み乙女。のほか、きゃりーぱみゅぱみゅやandrop、神聖かまってちゃんらテレビやネットメディアなどをうまく活用しブレイクしたアーティストが多数所属しており、ノウハウを蓄積している。









また、スペースシャワーミュージックというメディア系の事務所に所属していることも強み。例えば、セールスに影響を及ぼす可能性もあることからショートバージョンのみを公開しているアーティストも多い新曲MVを発売前からYouTubeでフル公開しているほか、「アソビ」(『au isai FL LGL24』CMソング)、「私以外私じゃないの」(コカ・コーラ「ネームボトルキャンペーン」CMソング)や「デジタルモグラ」(TVドラマ『すべてがFになる』主題歌)など新作には必ずリード曲にタイアップがつき、印象的な使われ方をしており、タイアップに合わせた曲作りができる器用さも武器といえるだろう。
積極的にメディアに出ていく若手バンド

 昨今の若手バンドは、こうしたメディア戦略の上手さでブレイクへと弾みをつけているバンドが多い。一昔前はメディアに出ないことでストイックなイメージ付けをしているバンドも多かったが、テレビやネットなど自ら積極的に発信している印象を受ける。例えば、4人組の男女混合編成であることやメンバー間の仲の良さから、ゲスの極み乙女。と何かと比較されることも多いSEKAI NO OWARIも、インディーズの頃からYouTubeやラジオといったメディアをうまく使い、音楽番組はもちろん、バラエティにも積極的に出演するなどして、ファン層を拡大させてきた。

 一方で、SEKAI NO OWARIはどちらかというと邦楽ポップスを現代風に進化させ、ビジュアルやライブにおける世界観作りなどとことん“エンタテインメント”として昇華させようとしているのに対して、ゲスの極み乙女。の川谷は「重視しているのは“サビのメロディー”。ただ日本人が親しみやすい歌謡的なメロディーではなく、どこかに自分が聴いてきた洋楽の影響を潜ませるようにしている」と話しており、個々のメンバーの豊かな音楽ルーツがぶつかり合い、独特の個性を生み出している。YouTubeのコメント欄には演奏に対する海外からのコメントも多く、どちらかというとバンドとしてのグルーヴ感など、スタイリッシュななかにある骨太さが魅力となっているようだ。

 アイドルグループやアニメソングなどが音楽チャートを賑わせている一方で、サカナクション、ONE OK ROCK、SEAKI NO OWARI、そしてゲスの極み乙女。と、新世代のバンドのブレイクも続いており、点でのヒットから線、やがて面となっていくことで、バンドブーム再燃がいよいよ目前まで迫ってきた。



今年はハッキリいって爆発的なヒット曲や話題の曲は皆無!

紅白歌合戦の目玉企画がないような状態。去年はアナと雪の女王や妖怪ウォッチが人気だったのでメインコーナーとして成り立った。


今回の紅白歌合戦はそういったコーナーはないが初出場のartistを集める事で話題になるかもしれない。



他にもDAIGOが率いるBREAKERZも紅白歌合戦出場濃厚とされている。

あまりインパクトあるヒット曲はないが、実力は申し分ない。
ダイゴも結婚など今年1年も活躍し話題の人なので紅白歌合戦出場は納得できる。


紅白歌合戦も新しい試みをしないとワクワクを持続させることは難しい。
バンドブーム再燃すれば日本は活気づく、近年のアイドルブームに嫌気がさしていた音楽好きな人にとっては朗報かもしれない。










■最新記事■


大横綱北の湖親方死去、木瀬部屋の力士も悲しみの声を寄せた



北斗晶覚悟の坊主を報ずる!瀬戸内寂聴さんにソックリと話題に



ジャーナリストの江森陽弘さん死去





高部あい 妊娠していた。クラック・ベイビーになってしまうのか、、子供に何の罪もないのに




年末ジャンボ宝くじの当て方



福山雅治のベストアルバムは何枚出てんの?



照英最強説!ハリウッドもいけんじゃね?





今年2015年の流行語大賞候補を徹底検証!!





タモリ倶楽部で奇跡!超爆笑の空耳アワーが二週連続で!!


貧乳好き待望の鈴木咲28歳の遅咲き写真集が魅力的




声優仲間も多く金田朋子とユニットも組んでいた松来未佑が38歳で死亡

高部あいコカイン所持逮捕!怪しすぎる人脈の広さの謎や交流関係とは?


元大関バルト!格闘家への挑戦!!ガンバルト意気込む!!




☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0