So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ?今 チュパカブラ!?他にもUMAがいるのか? [テレビ]

チュパカブラ(Chupacabra)は、主に南米で目撃される吸血UMAである。チュパカブラスとも言う。

なぜ?今
チュパカブラと思ってしまったが、
11/11放送の
世界の何だコレ!?ミステリーで紹介された。
もう随分と昔からチュパカブラの存在は噂されている。

世界の何だコレ?ミステリーの放送では、
「ついに捕獲!チュパカブラ!? ミステリー現場に潜入取材!
コロンビアで激しく吠える犬の前に伝説のUMAチュパカブラが現れた。」
と紹介し事細かに説明をしている。


アメリカのテキサス州に住む男性がチュパカブラを発見し息を引き取った亡骸を保管しているという記事が紹介された。

ロックデールに記事に載っていたフィリップさんという男性に会いに行き話を聞いた。

フィリップさんはまずチュパカブラを見つけたのは飼い犬で第一印象は頭が緑で胴体は灰色、その時はまだ息をしていたという。

テキサス大学で生物学を専攻していたフィリップさんは倒れ方が犬やコヨーテに出来ない形だったためチュパカブラだと確信したという。チュパカブラの亡骸を実際に見せてもらった。


この生物によって家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、「ヤギ」という意味の「カブラ」から、「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった。英語では、これを直訳して「ゴートサッカー(Goatsucker)」と呼ばれる。







現代科学が発展しているにもかからわずUMA が発見され、解明できないのはなぜなのか?

本当にいるから、、かもしれない。
それは化学物質などによる突然変異なども可能性としてはある。


チュパカブラは
1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例がある。


その被害は家畜に留まらず、人間も襲われている。これは現地でニュースとして扱われており、日本でも一部報道された。「チュパカブラによるものではないか」という推測を含めれば、被害件数は1000件を軽く超えるという話もある。

しかし、単にヒステリックに騒がれたと思われる例もあり、厳密に統計がとられているわけでもないので確定されてはいない。大半の目撃例は皮膚病を患って毛が抜けたコヨーテだという。

各々の目撃報告に細かな違いはあるが、身長は約1メートル~1.8メートル程度。

全身が毛に覆われていて、赤い大きな目をしており、牙が生えていて、背中にトゲ状のものがある。直立する事が可能で、カンガルーのように飛び跳ねて、2~5メートルもの驚異的なジャンプ力を持つ。もしくは、翼を持っていて空を飛んだという証言もある。ヤギをはじめとする家畜や人間を襲い、その血液を吸う。

血を吸われたものの首周辺には、2箇所から4箇所の穴が開いている。一説には細長い舌で穴を開けて血を吸い出したというものもあるが、牙によるものとも考えられる。

なお、報告されるチュパカブラの特徴は時間とともに変化している。1995年に騒がれ始めた頃には、二足歩行をし背中にトゲ生えているという報告が多かったが、

1990年代後半ごろから四足歩行をするイヌのような描写が増加し2000年ごろにはほとんどが後者の報告で占められるようになった 。


毛や骨が採取され、写真・VTR撮影されるなど、様々な証拠らしき物はあがっているが、一部偽物(作り物のチュパカブラを撮影したものや、映画の引用など)であることがわかっており、どれも決定的なものではなかった。

いまだチュパカブラについては、わからないことや曖昧な部分も多い。



今年な入っても目撃情報や捕獲情報もある。
例えば

 南アメリカ中央南部に位置するパラグアイ、イタプア地区にあるカルメン・デル・パラナの町にある川の浅瀬で奇妙な水死体が浮かんでいた。死後かなり経過しているようで損傷が激しく、頭は白骨化しているが、指の形はまさに人間そっくり。体毛があったと思われるがすべて抜け落ちてしまっている。









 南アメリカではUMAやUFO、超常現象を信じる人が多い。地元ではこれは伝説の吸血生物、チュパカブラに違いないと思っている人が多いという。

 人間そっくりの指であり、 ずっと水につかっていたため体毛は抜け落ち腐敗も激しく、頭蓋骨は分離してみえる。






 中身は既に一部分解されているという



 地元では大騒ぎとなり、この水死体はすぐさま地元消防隊によって回収され、専門家による調査がおこなわれた。2015年10月21日(水曜日)、記者会見が行われ、司令官のハビエル・メディナは、「調査結果によるとサルの一種かと思われるが、死体の損傷が激しく分解が進んでいたために、正確な特定には至らなかった」と述べた。

 法医学者のパブロ・レミール氏は「ヒューマノイド化した猿のようにも見えるが、部分的に分解されているので断定はできない」と語っている。



 決定的な識別結果がでなかったことにより、ますます地元では、これがチュパカブラであると信じている人が圧倒的に多いことが地元メディアの取材で明らかになったそうだ


他のUMAとしては
人を襲うと言われている。
オオカワウソのアリラーニャ

人を襲うと言われている。
巨大こうもり アフール

他にもイエティやツチノコ、小さいおじさん(コビト)なども話題になった。

アリラーニャはテレビ特番でも放送され大きな反響をよんだ。

アフールは世界一大きなこうもりの突然変異か?とも言われている。



UMA実に面白い










■最新記事■
今年2015年の流行語大賞候補を徹底検証!!



井戸田はモテモテ!LiLiCoもほれた!もし熱愛発覚したらハンバーグデートか?ww




タモリ倶楽部で奇跡!超爆笑の空耳アワーが二週連続で!!


ブラックホールに吸い込まれたら分裂する!?結果だけを簡単に説明


貧乳好き待望の鈴木咲28歳の遅咲き写真集が魅力的




ドッペルゲンガーをSNSで拡散!恐怖はないのか?ドッペルゲンガーに出会ったら数日後死ぬ、、噂もある。


声優仲間も多く金田朋子とユニットも組んでいた松来未佑が38歳で死亡


格闘家の山本喧一が警官2人を頭突き!逮捕!!何があった!!


高部あいコカイン所持逮捕!怪しすぎる人脈の広さの謎や交流関係とは?


元大関バルト!格闘家への挑戦!!ガンバルト意気込む!!




☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
なぜ?今 チュパカブラ!?他にもUMAがいるのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ?今 チュパカブラ!?他にもUMAがいるのか? [テレビ]

チュパカブラ(Chupacabra)は、主に南米で目撃される吸血UMAである。チュパカブラスとも言う。

なぜ?今
チュパカブラと思ってしまったが、
11/11放送の
世界の何だコレ!?ミステリーで紹介された。
もう随分と昔からチュパカブラの存在は噂されている。

世界の何だコレ?ミステリーの放送では、
「ついに捕獲!チュパカブラ!? ミステリー現場に潜入取材!
コロンビアで激しく吠える犬の前に伝説のUMAチュパカブラが現れた。」
と紹介し事細かに説明をしている。


アメリカのテキサス州に住む男性がチュパカブラを発見し息を引き取った亡骸を保管しているという記事が紹介された。

ロックデールに記事に載っていたフィリップさんという男性に会いに行き話を聞いた。

フィリップさんはまずチュパカブラを見つけたのは飼い犬で第一印象は頭が緑で胴体は灰色、その時はまだ息をしていたという。

テキサス大学で生物学を専攻していたフィリップさんは倒れ方が犬やコヨーテに出来ない形だったためチュパカブラだと確信したという。チュパカブラの亡骸を実際に見せてもらった。


この生物によって家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、「ヤギ」という意味の「カブラ」から、「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった。英語では、これを直訳して「ゴートサッカー(Goatsucker)」と呼ばれる。







現代科学が発展しているにもかからわずUMA が発見され、解明できないのはなぜなのか?

本当にいるから、、かもしれない。
それは化学物質などによる突然変異なども可能性としてはある。


チュパカブラは
1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例がある。


その被害は家畜に留まらず、人間も襲われている。これは現地でニュースとして扱われており、日本でも一部報道された。「チュパカブラによるものではないか」という推測を含めれば、被害件数は1000件を軽く超えるという話もある。

しかし、単にヒステリックに騒がれたと思われる例もあり、厳密に統計がとられているわけでもないので確定されてはいない。大半の目撃例は皮膚病を患って毛が抜けたコヨーテだという。

各々の目撃報告に細かな違いはあるが、身長は約1メートル~1.8メートル程度。

全身が毛に覆われていて、赤い大きな目をしており、牙が生えていて、背中にトゲ状のものがある。直立する事が可能で、カンガルーのように飛び跳ねて、2~5メートルもの驚異的なジャンプ力を持つ。もしくは、翼を持っていて空を飛んだという証言もある。ヤギをはじめとする家畜や人間を襲い、その血液を吸う。

血を吸われたものの首周辺には、2箇所から4箇所の穴が開いている。一説には細長い舌で穴を開けて血を吸い出したというものもあるが、牙によるものとも考えられる。

なお、報告されるチュパカブラの特徴は時間とともに変化している。1995年に騒がれ始めた頃には、二足歩行をし背中にトゲ生えているという報告が多かったが、

1990年代後半ごろから四足歩行をするイヌのような描写が増加し2000年ごろにはほとんどが後者の報告で占められるようになった 。


毛や骨が採取され、写真・VTR撮影されるなど、様々な証拠らしき物はあがっているが、一部偽物(作り物のチュパカブラを撮影したものや、映画の引用など)であることがわかっており、どれも決定的なものではなかった。

いまだチュパカブラについては、わからないことや曖昧な部分も多い。



今年な入っても目撃情報や捕獲情報もある。
例えば

 南アメリカ中央南部に位置するパラグアイ、イタプア地区にあるカルメン・デル・パラナの町にある川の浅瀬で奇妙な水死体が浮かんでいた。死後かなり経過しているようで損傷が激しく、頭は白骨化しているが、指の形はまさに人間そっくり。体毛があったと思われるがすべて抜け落ちてしまっている。









 南アメリカではUMAやUFO、超常現象を信じる人が多い。地元ではこれは伝説の吸血生物、チュパカブラに違いないと思っている人が多いという。

 人間そっくりの指であり、 ずっと水につかっていたため体毛は抜け落ち腐敗も激しく、頭蓋骨は分離してみえる。






 中身は既に一部分解されているという



 地元では大騒ぎとなり、この水死体はすぐさま地元消防隊によって回収され、専門家による調査がおこなわれた。2015年10月21日(水曜日)、記者会見が行われ、司令官のハビエル・メディナは、「調査結果によるとサルの一種かと思われるが、死体の損傷が激しく分解が進んでいたために、正確な特定には至らなかった」と述べた。

 法医学者のパブロ・レミール氏は「ヒューマノイド化した猿のようにも見えるが、部分的に分解されているので断定はできない」と語っている。



 決定的な識別結果がでなかったことにより、ますます地元では、これがチュパカブラであると信じている人が圧倒的に多いことが地元メディアの取材で明らかになったそうだ


他のUMAとしては
人を襲うと言われている。
オオカワウソのアリラーニャ

人を襲うと言われている。
巨大こうもり アフール

他にもイエティやツチノコ、小さいおじさん(コビト)なども話題になった。

アリラーニャはテレビ特番でも放送され大きな反響をよんだ。

アフールは世界一大きなこうもりの突然変異か?とも言われている。



UMA実に面白い










■最新記事■
今年2015年の流行語大賞候補を徹底検証!!



井戸田はモテモテ!LiLiCoもほれた!もし熱愛発覚したらハンバーグデートか?ww




タモリ倶楽部で奇跡!超爆笑の空耳アワーが二週連続で!!


ブラックホールに吸い込まれたら分裂する!?結果だけを簡単に説明


貧乳好き待望の鈴木咲28歳の遅咲き写真集が魅力的




ドッペルゲンガーをSNSで拡散!恐怖はないのか?ドッペルゲンガーに出会ったら数日後死ぬ、、噂もある。


声優仲間も多く金田朋子とユニットも組んでいた松来未佑が38歳で死亡


格闘家の山本喧一が警官2人を頭突き!逮捕!!何があった!!


高部あいコカイン所持逮捕!怪しすぎる人脈の広さの謎や交流関係とは?


元大関バルト!格闘家への挑戦!!ガンバルト意気込む!!




☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。