So-net無料ブログ作成
検索選択

巨人の野球賭博問題。過去の野球賭博問題。ギャンブル中毒から抜け出せ! [スポーツ]

一番人気巨人から賭博選手が多発! 「平成の黒い霧になるのか」疑心暗鬼のプロ野球界


どうした?プロ野球界?


巨人の賭博事件第2弾が明らかになった。まだあるのか?とプロ野球界は暗雲に覆われ、関係者は首をすくめている状態だ。

かつて昭和の時代にも黒い霧事件が話題になった。過去にも様々な選手達が同じような問題を起こしていた。

日本プロ野球における黒い霧事件(くろい きりじけん)は、プロ野球関係者が金銭の授受を伴う八百長に関与したとされる一連の疑惑および事件。新聞報道などをきっかけに、1969年から1971年にかけて相次いで発覚した。

 40年以上も前に起きた事件と似たような事件が再び起きてしまうのか?

もちろん野球賭博は違法だ。
ギャンブルが好きな人達は「もうかるかな?」と思ってしまうかもしれないが、許されない行為である。


笠原将生、松本竜也。野球賭博をしていた新たな巨人2選手である。2015年10月21日に日本野球機構(NPB)の調査委員会が明らかにしたもので、この余波は球界に不安を与えている。

もちろん極極小数の選手しかそのような愚行をしていないはずだ。
真面目に練習して全力でプレーしている選手に失礼でならない!

多くの子供達の憧れである野球選手がそのような行為をする事は絶対に許されない!




原前監督も退任の会見で「タガが緩んでいる」と発言した。

最初に賭博が明らかになった福田聡志に加え、計3投手のスキャンダルとなった形だが、笠原は当初、「自分は(賭けを)していない」と言っていた人物である。実際は野球のほかにバカラ、麻雀などのギャンブルにもはまっていたという。

笠原は2014年には、複数のルートを使い、プロ野球の20~30試合、松本もプロ野球の10数試合に賭けていた。福田はプロ野球、高校野球、大リーグなどに賭けていたとされる。

調査委員会によると、笠原らの賭博行為は携帯電話の復元した履歴から分かったそうである。

記者会見で、巨人は平身低頭だった。







「巨人の調査で判明できなかったことは、調査が甘かったと批判されても仕方がない。ドラフト会議を前に本当に申し訳ない」
野球賭博の胴元は顧客を増やすことに積極的である。笠原は福田を紹介し、自ら賭け金の精算も請け負っていたというから、大きな役割を果たしていたといえる。ほかにも客を抱えているのではないか、との疑いを持たれてもしかたない。
ドラフト会議でも巨人だけ「監督不在」

球界は疑心暗鬼の状態にある。

「これで終わりとなるのかどうか。もし、もっと広がっていたとしたら...ぞっとする話だ」
球界の声だ。当然だろう。

およそ半世紀前の賭博事件も、最初は一選手の名前が挙がり、それを機にあっという間に球界全体に広がった。それだけではない。公営競技にまで及んだ。その大きさから「黒い霧事件」と呼ばれたのだった。

今回はまだ3人だが、一気に広がることもありうる。それを球界は恐れているのだ。

それにしても、球界の盟主といわれる巨人が舞台というのは信じられない思いである。

「タガが緩んでいるのかも...」
原辰徳監督は退任の会見でそう言った。巨人は後任監督の問題でも焦りが見られる。10月22日のドラフト会議では、監督不在唯一の球団として参加。これまでにはありえない状態だった。




ちなみに
特に野球賭博は高校野球において行なわれることが多い。短期間(センバツならおおよそ2〜3週間、夏なら4週間程度)で優勝校が決まることと、トーナメント形式で敗退チームが姿を消すことから職場ぐるみで上司など立場が上の者が「胴元」となって行なっているケースが少なからずあるという。最近では2010年に大相撲の力士や親方が野球賭博を行い、解雇処分や謹慎など厳しい処分が行なわれたり(大相撲野球賭博問題)、独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズの選手が同じく野球賭博を行なって解雇処分になった例があるが、いずれも主にプロ野球を賭博の対象としており、暴力団員などが胴元となって「ハンデ師」と呼ばれるチームに「ハンデ」といわれるオッズを付けていた。


今季のセ・リーグは混沌とした首位争いだった。どのチームが優勝するか最後まで目が離せなかったが、逆に言うとセ・リーグ全チームだらしないといえば、だらしなかった。。

さらに今回の賭博問題だ。

もちろん野球賭博は違法だ。

ギャンブルが好きな人達は1種の中毒に近い。かつて芸能界からも蛭子能収が摘発されたりした。

蛭子能収は記者に対してこのような発言をした

「もう賭け事はやりません!賭けてもいいです」と、、、
既に骨身に染み付いてしまっている。

過去の反省を生かし更生してもらいたい。

一時の好奇心で野球賭博に手を染めてしまった今回の福田聡志、 笠原将生、松本竜也の3選手達、もしくはまだ発見されていないだけで賭博に関与している選手もいるかもしれないが、、賭博に関わった選手達は2度とこよさのような事を繰り返さないで欲しい。猛省して更生して欲しい。


人並み外れた努力や才能でせっかく入ったプロ野球界をこんな馬鹿げた事で棒にふるのはもったいないではないか!
振るのはバットだけにしてもらいたい。

今後の球界不信を払拭するのは全力のプレーしかないだろう。










☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
巨人の野球賭博問題。過去の野球賭博問題。ギャンブル中毒から抜け出せ!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

巨人の野球賭博問題。過去の野球賭博問題。ギャンブル中毒から抜け出せ! [スポーツ]

一番人気巨人から賭博選手が多発! 「平成の黒い霧になるのか」疑心暗鬼のプロ野球界


どうした?プロ野球界?


巨人の賭博事件第2弾が明らかになった。まだあるのか?とプロ野球界は暗雲に覆われ、関係者は首をすくめている状態だ。

かつて昭和の時代にも黒い霧事件が話題になった。過去にも様々な選手達が同じような問題を起こしていた。

日本プロ野球における黒い霧事件(くろい きりじけん)は、プロ野球関係者が金銭の授受を伴う八百長に関与したとされる一連の疑惑および事件。新聞報道などをきっかけに、1969年から1971年にかけて相次いで発覚した。

 40年以上も前に起きた事件と似たような事件が再び起きてしまうのか?

もちろん野球賭博は違法だ。
ギャンブルが好きな人達は「もうかるかな?」と思ってしまうかもしれないが、許されない行為である。


笠原将生、松本竜也。野球賭博をしていた新たな巨人2選手である。2015年10月21日に日本野球機構(NPB)の調査委員会が明らかにしたもので、この余波は球界に不安を与えている。

もちろん極極小数の選手しかそのような愚行をしていないはずだ。
真面目に練習して全力でプレーしている選手に失礼でならない!

多くの子供達の憧れである野球選手がそのような行為をする事は絶対に許されない!




原前監督も退任の会見で「タガが緩んでいる」と発言した。

最初に賭博が明らかになった福田聡志に加え、計3投手のスキャンダルとなった形だが、笠原は当初、「自分は(賭けを)していない」と言っていた人物である。実際は野球のほかにバカラ、麻雀などのギャンブルにもはまっていたという。

笠原は2014年には、複数のルートを使い、プロ野球の20~30試合、松本もプロ野球の10数試合に賭けていた。福田はプロ野球、高校野球、大リーグなどに賭けていたとされる。

調査委員会によると、笠原らの賭博行為は携帯電話の復元した履歴から分かったそうである。

記者会見で、巨人は平身低頭だった。







「巨人の調査で判明できなかったことは、調査が甘かったと批判されても仕方がない。ドラフト会議を前に本当に申し訳ない」
野球賭博の胴元は顧客を増やすことに積極的である。笠原は福田を紹介し、自ら賭け金の精算も請け負っていたというから、大きな役割を果たしていたといえる。ほかにも客を抱えているのではないか、との疑いを持たれてもしかたない。
ドラフト会議でも巨人だけ「監督不在」

球界は疑心暗鬼の状態にある。

「これで終わりとなるのかどうか。もし、もっと広がっていたとしたら...ぞっとする話だ」
球界の声だ。当然だろう。

およそ半世紀前の賭博事件も、最初は一選手の名前が挙がり、それを機にあっという間に球界全体に広がった。それだけではない。公営競技にまで及んだ。その大きさから「黒い霧事件」と呼ばれたのだった。

今回はまだ3人だが、一気に広がることもありうる。それを球界は恐れているのだ。

それにしても、球界の盟主といわれる巨人が舞台というのは信じられない思いである。

「タガが緩んでいるのかも...」
原辰徳監督は退任の会見でそう言った。巨人は後任監督の問題でも焦りが見られる。10月22日のドラフト会議では、監督不在唯一の球団として参加。これまでにはありえない状態だった。




ちなみに
特に野球賭博は高校野球において行なわれることが多い。短期間(センバツならおおよそ2〜3週間、夏なら4週間程度)で優勝校が決まることと、トーナメント形式で敗退チームが姿を消すことから職場ぐるみで上司など立場が上の者が「胴元」となって行なっているケースが少なからずあるという。最近では2010年に大相撲の力士や親方が野球賭博を行い、解雇処分や謹慎など厳しい処分が行なわれたり(大相撲野球賭博問題)、独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズの選手が同じく野球賭博を行なって解雇処分になった例があるが、いずれも主にプロ野球を賭博の対象としており、暴力団員などが胴元となって「ハンデ師」と呼ばれるチームに「ハンデ」といわれるオッズを付けていた。


今季のセ・リーグは混沌とした首位争いだった。どのチームが優勝するか最後まで目が離せなかったが、逆に言うとセ・リーグ全チームだらしないといえば、だらしなかった。。

さらに今回の賭博問題だ。

もちろん野球賭博は違法だ。

ギャンブルが好きな人達は1種の中毒に近い。かつて芸能界からも蛭子能収が摘発されたりした。

蛭子能収は記者に対してこのような発言をした

「もう賭け事はやりません!賭けてもいいです」と、、、
既に骨身に染み付いてしまっている。

過去の反省を生かし更生してもらいたい。

一時の好奇心で野球賭博に手を染めてしまった今回の福田聡志、 笠原将生、松本竜也の3選手達、もしくはまだ発見されていないだけで賭博に関与している選手もいるかもしれないが、、賭博に関わった選手達は2度とこよさのような事を繰り返さないで欲しい。猛省して更生して欲しい。


人並み外れた努力や才能でせっかく入ったプロ野球界をこんな馬鹿げた事で棒にふるのはもったいないではないか!
振るのはバットだけにしてもらいたい。

今後の球界不信を払拭するのは全力のプレーしかないだろう。










☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
おめでたい記事!■■福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど


訃報記事■■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~9月上旬)


インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!■■


超注目!ブレイク必至!☆★
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■■やっちまった有名人(レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。おそ松くんのリメイクがお粗末過ぎるwwなどなど)。
*やっちまった記事の他にも、、*凄い!日本ラグビー!海外の反応!
*ヨルタモリ最終回から見るタモリお家芸。
*元シンクロ青木愛が可愛い過ぎる!
*かつて人気過ぎて品薄だったファミマフラッペを3倍うまくする!!などなど! 



音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ
*音や業界の闇と光。 片目ラッパーfetty wap事故!ドレーとプレミア夢の共演!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。