So-net無料ブログ作成
検索選択

日本ラグビー海外の反応。凄さの例え [スポーツ]

ラグビーのワールドカップ1次リーグB組初戦が9月19日に行われ、世界ランキング13位の日本代表は世界ランキング3位の南アフリカと対戦し、終了間際の逆転トライで34-32で競り勝って「歴史的大金星」を挙げた。

しかし、ラグビーがわからない人はどれくらい凄い事かわからない。。

そこで日本の反応ではなく、海外の反応をあげてみたい。
日本ラグビー海外の反応

開催元の地元イギリスBBCニュースは「ラグビーW杯史上最大の番狂わせ」と報じた。

試合を観戦していたイギリス人も高い関心を寄せていた。


特に、3点リードされた終了間際PGが確実に入って同点になるチャンスでも、逆転トライにこだわったことについて賞賛する声が多く寄せられていた。


以下、イギリス在住と思われるユーザーの翻訳コメント

・私が今までに見たことがある最高のゲームの1つだね。日本には、情熱、戦術、品質、スキル、そして、勝ちに行く勇気、全て揃っていた。 オースティン・ヒーリー(元ラグビーイングランド代表選手)

・この際ワールドカップの歴史を忘れよう・・・(日本の勝利は)ラグビーの歴史を完全に停止させてしまった。驚くべき結果だ。 マーティン・ウィリアムズ(元ラグビーイングランド代表選手)

・このゲームは...ラグビーの歴史に名を残すだろう。(最後のトライシーンは)、魂を込めてゴールラインを越えていったね。ラグビー日本代表チームは値千金の勝利を挙げたね。 ステフォン・アーミテージ(元ラグビーイングランド代表選手)

・日本が勝てたのはとにかく勇気に尽きる。3点のペナルティキックではなくトライを取りに行った。そしてこの結果が生まれた。

・終了間際で勝ちにこだわった日本の態度は素晴らしいね。私は絶対に引き分けを狙ったと思っていたの。

・日本はうまく流れを呼びこんだね。素晴らしい結果だよ。

・私は試合の最後には日本人のように応援しました。日本の皆さん、おめでとう。

・ラグビーだけでなくスポーツ界全体の歴史を見ても最大の驚きでしょう。

・今年のスポーツ演劇の中でベストヒットだろうね。これからは日本のラグビーの試合は絶対に日本を応援するよ。

・日本の選手は努力したからこの結果が生まれたのでしょう。おめでとう。しかし、まだ信じられない気持ちです。

・なんて驚きの試合なの!声がかれるほど日本を応援しました。当然でしょう!

・私は64歳ですが、この歳になるまでスポーツで感動したことは数回しかありません。しかし今日の試合は、その「数回」に入るほどの至福の時を過ごさせてもらいました。日本に対しては最大の敬意と感謝の意を表します。

・日本は幸運で勝てたのではない。最高のチームだったから勝てたのだ。

・非常に素晴らしいラグビーの試合と当然の勝利。日本人は我々はまだ強さに基づいて、すべてのことなく、ラグビーを果たすことができるし、これは私が好きで、そのゲームであることを証明しました。チームにおめでとうと私はあなたの次の試合を楽しみにしています。

著名人も脱帽
・こんなストーリーは書けない!!(ハリー・ポッターの作家)

 約3万人の観客で埋め尽くされたブライトンの競技場は最後の15分、日本の応援一色となった。日本は「ジャパン」の大合唱が響き渡る中で逆転トライ。




その瞬間、観客は総立ちとなり、優勝候補の強豪、南アフリカに歴史的な勝利を収めた「日本のミラクル(奇跡)」をたたえた。


 試合開始前には、誰も参加20チーム中でランキング13位の日本の勝利を予想していなかった。

 だが、身長や体格で見た目では明らかに劣る日本は前半、過去2回、世界王者に輝き、経験豊富な有力選手を投入し万全の布陣で臨んだランキング3位の南アフリカを相手に抜きつ抜かれつの大接戦を展開。競技場の雰囲気は変わった。

 後半も、日本は南アにトライを奪われリードされても冷静さを失わず、何度も追いつき、逆に南アの選手たちを精神的に圧迫。南アにミスやペナルティーが多発し、イエローカードで南ア選手が一人減ったチャンスを見逃さなかった。

 最後の15分は、「ジャパン」コールの嵐がやまず、競技場が共鳴。まるで日本で試合をしているかのような雰囲気に包まれた。

 劇的な逆転勝利の瞬間、競技場には、無数の「日の丸」が翻った。日本人サポーターたちだけでなく、地元の英国人や南アのシンボルカラー、緑色のユニホームを着た南アサポーターたちも日本チームに惜しみない拍手を送った。

 無言で競技場を後にする南アサポーターの中で、日本チームに拍手を送り続けていたジョージさんは「こんな素晴らしい試合はみたことがない。興奮した。日本の真剣さが伝わってきた。こうなったら、日本には決勝リーグに進出してほしいよ」と語った。

W杯で過去2度優勝、世界ランキング3位の南アフリカを撃破し、24年ぶりのW杯勝利を挙げた日本の「大金星」が、中国のネット上でも話題だ。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「サッカーでいえば、W杯で中国代表がブラジルに勝利したようなもの」との書き込みに、多くのコメントが寄せられている。

「中国がブラジル撃破は言い過ぎ。日本がブラジルに勝利した程度」
「ラグビーの南アフリカは、サッカーでいえばオランダクラス」
「アルゼンチンといったところ」
「日本ラグビーはそんなに弱くない。南アフリカもそこまで強くない」

中国の日本ラグビー凄さの例え
「五輪の卓球決勝で、米国が中国に勝つくらいすごいこと」
「クリケットで、中国がインドに勝利したと言ってもいい」

「ラグビーはサッカーに比べ番狂わせは起きにくいそうだ」
「日本チームは感極まって涙ぐんでいた。それほどの衝撃」


また日本でも例え合戦が繰り広げられていた、、
印象的な凄さの例えコメントをあげると

・ヤムチャがベジータに勝ったのと同じくらい凄い!

・桐谷美玲が吉田沙保里に勝ったようなもの

・県大会4位の高校野球部がソフトバンクに勝った!!

・最後のトライはサムライに見えた



などである。
日本ラグビー海外の反応も面白かったが日本の反応も良かった。

本当に次に期待したい!!




追記)10/15
結果は3勝で予選敗退だったが世界中にインパクトを残した。

以下はスコットランドの記者が書いた記事

海外の反応をそのまま反映したかのような素晴らしい記事だ。

ーーーーーーー
南アフリカ撃破で世界を驚かせたエディー・ジャパン。W杯での活躍ぶりはラグビーの母国・英国でも連日報じられた。日本戦も取材した英サンデー・タイムズ紙のスコットランド代表担当記者、マーク・パーマー氏(37)がスポニチ本紙に“ジャパンの衝撃”を寄稿した。

 今回のW杯に日本は新風を吹き込んだ。日本の躍進はラグビー界の縮図を変えたとさえ思っている。

 過去の歴史をひもとくと、日本の戦績は91年大会でジンバブエから挙げた1勝のみ。開幕前にエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が「我々には8強まで勝ち進む力がある」と宣言しても、私を含む英国人記者たちは誰も耳を傾けようとしなかっただろう。しかし、1次リーグ突破へあと一歩というところまで迫った今、我々の考えは根底から覆された。それほど日本は大きなインパクトを与えた。

 日本の活躍を語る上で、ジョーンズHCの存在はどうしても無視できない。03年大会では母国オーストラリアを決勝へ導き、07年大会ではチームアドバイザーとして南アフリカに栄冠をもたらした。国際舞台で実績のない日本を率いることは、彼の名声に傷がつく危険もはらんでいたが、そんな不安はただの取り越し苦労だった。

 策士ジョーンズHCの采配が際立ったのが、初戦の南アフリカ戦だ。身体能力で勝る王者を封じ込めようと、日本は無尽蔵のスタミナを駆使してアグレッシブに動いた。特に何度も何度も仕掛けた低いタックルは非常に効果的だった。組織力こそ日本の最大の武器だろう。

 もちろん、選手たちの奮闘も称賛に値する。勝負を仕掛ける時は「熱く」、我慢の時は「冷静に」。メリハリのついた動きは南アフリカを大いに苦しめた。また、選手一人一人の質の高さも目についた。判断力が光るSH田中史朗、正確なキックを蹴り込むFB五郎丸歩、チームに活力をもたらすリーチ・マイケル、当たり負けしない強さを持つ立川理道らの活躍は特筆に値する。

 スコットランドに敗れた2戦目は、後半10分ごろまでのプレーは良かったが、そこから集中力が切れてしまった。点差ほど実力差はなかったように思う。そして、10日間の準備期間を経て戦ったサモア戦は持ち味である日本のダイナミズムが戻り、目の肥えた英国人の観客をも魅了した。

 スコットランド生まれの私としては日本の8強進出を望んではいなかったが、ラグビーファンの一人としてなら日本の冒険をもう少し見てみたかった。今大会で日本は確かな爪痕を残したと思う。自国開催となる19年大会で、彼らがどこまで成長しているのか、








■その他記事■


*国分太一結婚!!aikoじゃないよ




*市川由衣!戸次重幸!結婚!!



*元木大介やっちまった!!ラーメン屋全店潰す



*レニー・クラヴィッツ出しちゃった!!


*新しいスター!!藤田菜々子と伊藤愛真とは?


*B-BOY PARKは衰退してしまうのか?

 
*心霊スポットツアータクシー場所の特定は可能か?


*漫画家の紺野比奈子さん死亡、夫のオーギュスト棒さんのコメントが泣ける


*超注目?NON STYLE井上が死んだ?マジか!?



*DJ deckstream衝撃の事故死! !世界からも注目されていたのに、、


*とんねるず解散の真相と視聴者の本音とは?


*リアルバットマン!!不気味!!化け物か!?世界一大きいコウモリが 怖い!


*Charや上田正樹と活動した石田長生さん死去、、気になるCharや上田正樹の言葉とは?


*貴ノ浪への武蔵丸の言葉が深すぎて涙が止まらない


*訃報記事など一覧


*赤ちゃんおむすびww赤ちゃんおにぎりwwリアルこびとずかんwwww画像かわいすぎるー!!


*片平巧が死去、身内だけが知っている情報とは?


*デブラージ死亡、死因は?どんな死因でも悲しいとしか言い様がない。


*諏訪美緒さんが亡くなっていた。。ギャル系カリスマモデルの訃報にファン悲鳴


*ファミマフラッペを3倍美味しくする方法!ってマジか!?


*眞鍋かをりと吉井和哉の結婚を祝う元カレ麒麟川島の言葉が素敵すぎる!!センスありすぎな言葉は必見!!




*木下サモハン!!爆笑!!


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

日本ラグビー海外の反応。凄さの例え:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

日本ラグビー海外の反応。凄さの例え [スポーツ]

ラグビーのワールドカップ1次リーグB組初戦が9月19日に行われ、世界ランキング13位の日本代表は世界ランキング3位の南アフリカと対戦し、終了間際の逆転トライで34-32で競り勝って「歴史的大金星」を挙げた。

しかし、ラグビーがわからない人はどれくらい凄い事かわからない。。

そこで日本の反応ではなく、海外の反応をあげてみたい。
日本ラグビー海外の反応

開催元の地元イギリスBBCニュースは「ラグビーW杯史上最大の番狂わせ」と報じた。

試合を観戦していたイギリス人も高い関心を寄せていた。


特に、3点リードされた終了間際PGが確実に入って同点になるチャンスでも、逆転トライにこだわったことについて賞賛する声が多く寄せられていた。


以下、イギリス在住と思われるユーザーの翻訳コメント

・私が今までに見たことがある最高のゲームの1つだね。日本には、情熱、戦術、品質、スキル、そして、勝ちに行く勇気、全て揃っていた。 オースティン・ヒーリー(元ラグビーイングランド代表選手)

・この際ワールドカップの歴史を忘れよう・・・(日本の勝利は)ラグビーの歴史を完全に停止させてしまった。驚くべき結果だ。 マーティン・ウィリアムズ(元ラグビーイングランド代表選手)

・このゲームは...ラグビーの歴史に名を残すだろう。(最後のトライシーンは)、魂を込めてゴールラインを越えていったね。ラグビー日本代表チームは値千金の勝利を挙げたね。 ステフォン・アーミテージ(元ラグビーイングランド代表選手)

・日本が勝てたのはとにかく勇気に尽きる。3点のペナルティキックではなくトライを取りに行った。そしてこの結果が生まれた。

・終了間際で勝ちにこだわった日本の態度は素晴らしいね。私は絶対に引き分けを狙ったと思っていたの。

・日本はうまく流れを呼びこんだね。素晴らしい結果だよ。

・私は試合の最後には日本人のように応援しました。日本の皆さん、おめでとう。

・ラグビーだけでなくスポーツ界全体の歴史を見ても最大の驚きでしょう。

・今年のスポーツ演劇の中でベストヒットだろうね。これからは日本のラグビーの試合は絶対に日本を応援するよ。

・日本の選手は努力したからこの結果が生まれたのでしょう。おめでとう。しかし、まだ信じられない気持ちです。

・なんて驚きの試合なの!声がかれるほど日本を応援しました。当然でしょう!

・私は64歳ですが、この歳になるまでスポーツで感動したことは数回しかありません。しかし今日の試合は、その「数回」に入るほどの至福の時を過ごさせてもらいました。日本に対しては最大の敬意と感謝の意を表します。

・日本は幸運で勝てたのではない。最高のチームだったから勝てたのだ。

・非常に素晴らしいラグビーの試合と当然の勝利。日本人は我々はまだ強さに基づいて、すべてのことなく、ラグビーを果たすことができるし、これは私が好きで、そのゲームであることを証明しました。チームにおめでとうと私はあなたの次の試合を楽しみにしています。

著名人も脱帽
・こんなストーリーは書けない!!(ハリー・ポッターの作家)

 約3万人の観客で埋め尽くされたブライトンの競技場は最後の15分、日本の応援一色となった。日本は「ジャパン」の大合唱が響き渡る中で逆転トライ。




その瞬間、観客は総立ちとなり、優勝候補の強豪、南アフリカに歴史的な勝利を収めた「日本のミラクル(奇跡)」をたたえた。


 試合開始前には、誰も参加20チーム中でランキング13位の日本の勝利を予想していなかった。

 だが、身長や体格で見た目では明らかに劣る日本は前半、過去2回、世界王者に輝き、経験豊富な有力選手を投入し万全の布陣で臨んだランキング3位の南アフリカを相手に抜きつ抜かれつの大接戦を展開。競技場の雰囲気は変わった。

 後半も、日本は南アにトライを奪われリードされても冷静さを失わず、何度も追いつき、逆に南アの選手たちを精神的に圧迫。南アにミスやペナルティーが多発し、イエローカードで南ア選手が一人減ったチャンスを見逃さなかった。

 最後の15分は、「ジャパン」コールの嵐がやまず、競技場が共鳴。まるで日本で試合をしているかのような雰囲気に包まれた。

 劇的な逆転勝利の瞬間、競技場には、無数の「日の丸」が翻った。日本人サポーターたちだけでなく、地元の英国人や南アのシンボルカラー、緑色のユニホームを着た南アサポーターたちも日本チームに惜しみない拍手を送った。

 無言で競技場を後にする南アサポーターの中で、日本チームに拍手を送り続けていたジョージさんは「こんな素晴らしい試合はみたことがない。興奮した。日本の真剣さが伝わってきた。こうなったら、日本には決勝リーグに進出してほしいよ」と語った。

W杯で過去2度優勝、世界ランキング3位の南アフリカを撃破し、24年ぶりのW杯勝利を挙げた日本の「大金星」が、中国のネット上でも話題だ。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「サッカーでいえば、W杯で中国代表がブラジルに勝利したようなもの」との書き込みに、多くのコメントが寄せられている。

「中国がブラジル撃破は言い過ぎ。日本がブラジルに勝利した程度」
「ラグビーの南アフリカは、サッカーでいえばオランダクラス」
「アルゼンチンといったところ」
「日本ラグビーはそんなに弱くない。南アフリカもそこまで強くない」

中国の日本ラグビー凄さの例え
「五輪の卓球決勝で、米国が中国に勝つくらいすごいこと」
「クリケットで、中国がインドに勝利したと言ってもいい」

「ラグビーはサッカーに比べ番狂わせは起きにくいそうだ」
「日本チームは感極まって涙ぐんでいた。それほどの衝撃」


また日本でも例え合戦が繰り広げられていた、、
印象的な凄さの例えコメントをあげると

・ヤムチャがベジータに勝ったのと同じくらい凄い!

・桐谷美玲が吉田沙保里に勝ったようなもの

・県大会4位の高校野球部がソフトバンクに勝った!!

・最後のトライはサムライに見えた



などである。
日本ラグビー海外の反応も面白かったが日本の反応も良かった。

本当に次に期待したい!!




追記)10/15
結果は3勝で予選敗退だったが世界中にインパクトを残した。

以下はスコットランドの記者が書いた記事

海外の反応をそのまま反映したかのような素晴らしい記事だ。

ーーーーーーー
南アフリカ撃破で世界を驚かせたエディー・ジャパン。W杯での活躍ぶりはラグビーの母国・英国でも連日報じられた。日本戦も取材した英サンデー・タイムズ紙のスコットランド代表担当記者、マーク・パーマー氏(37)がスポニチ本紙に“ジャパンの衝撃”を寄稿した。

 今回のW杯に日本は新風を吹き込んだ。日本の躍進はラグビー界の縮図を変えたとさえ思っている。

 過去の歴史をひもとくと、日本の戦績は91年大会でジンバブエから挙げた1勝のみ。開幕前にエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が「我々には8強まで勝ち進む力がある」と宣言しても、私を含む英国人記者たちは誰も耳を傾けようとしなかっただろう。しかし、1次リーグ突破へあと一歩というところまで迫った今、我々の考えは根底から覆された。それほど日本は大きなインパクトを与えた。

 日本の活躍を語る上で、ジョーンズHCの存在はどうしても無視できない。03年大会では母国オーストラリアを決勝へ導き、07年大会ではチームアドバイザーとして南アフリカに栄冠をもたらした。国際舞台で実績のない日本を率いることは、彼の名声に傷がつく危険もはらんでいたが、そんな不安はただの取り越し苦労だった。

 策士ジョーンズHCの采配が際立ったのが、初戦の南アフリカ戦だ。身体能力で勝る王者を封じ込めようと、日本は無尽蔵のスタミナを駆使してアグレッシブに動いた。特に何度も何度も仕掛けた低いタックルは非常に効果的だった。組織力こそ日本の最大の武器だろう。

 もちろん、選手たちの奮闘も称賛に値する。勝負を仕掛ける時は「熱く」、我慢の時は「冷静に」。メリハリのついた動きは南アフリカを大いに苦しめた。また、選手一人一人の質の高さも目についた。判断力が光るSH田中史朗、正確なキックを蹴り込むFB五郎丸歩、チームに活力をもたらすリーチ・マイケル、当たり負けしない強さを持つ立川理道らの活躍は特筆に値する。

 スコットランドに敗れた2戦目は、後半10分ごろまでのプレーは良かったが、そこから集中力が切れてしまった。点差ほど実力差はなかったように思う。そして、10日間の準備期間を経て戦ったサモア戦は持ち味である日本のダイナミズムが戻り、目の肥えた英国人の観客をも魅了した。

 スコットランド生まれの私としては日本の8強進出を望んではいなかったが、ラグビーファンの一人としてなら日本の冒険をもう少し見てみたかった。今大会で日本は確かな爪痕を残したと思う。自国開催となる19年大会で、彼らがどこまで成長しているのか、








■その他記事■


*国分太一結婚!!aikoじゃないよ




*市川由衣!戸次重幸!結婚!!



*元木大介やっちまった!!ラーメン屋全店潰す



*レニー・クラヴィッツ出しちゃった!!


*新しいスター!!藤田菜々子と伊藤愛真とは?


*B-BOY PARKは衰退してしまうのか?

 
*心霊スポットツアータクシー場所の特定は可能か?


*漫画家の紺野比奈子さん死亡、夫のオーギュスト棒さんのコメントが泣ける


*超注目?NON STYLE井上が死んだ?マジか!?



*DJ deckstream衝撃の事故死! !世界からも注目されていたのに、、


*とんねるず解散の真相と視聴者の本音とは?


*リアルバットマン!!不気味!!化け物か!?世界一大きいコウモリが 怖い!


*Charや上田正樹と活動した石田長生さん死去、、気になるCharや上田正樹の言葉とは?


*貴ノ浪への武蔵丸の言葉が深すぎて涙が止まらない


*訃報記事など一覧


*赤ちゃんおむすびww赤ちゃんおにぎりwwリアルこびとずかんwwww画像かわいすぎるー!!


*片平巧が死去、身内だけが知っている情報とは?


*デブラージ死亡、死因は?どんな死因でも悲しいとしか言い様がない。


*諏訪美緒さんが亡くなっていた。。ギャル系カリスマモデルの訃報にファン悲鳴


*ファミマフラッペを3倍美味しくする方法!ってマジか!?


*眞鍋かをりと吉井和哉の結婚を祝う元カレ麒麟川島の言葉が素敵すぎる!!センスありすぎな言葉は必見!!




*木下サモハン!!爆笑!!


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0