So-net無料ブログ作成

漫画家の紺野比奈子さんが急死。夫の前向きなコメントが紺野さんの人柄を示す。 [芸能人]

漫画家の紺野比奈子さんが亡くなった。
謎が多い漫画家の紺野比奈子さんが、8月18日に急性心臓疾患で死去した。
突然の訃報に戸惑い困惑しているファンも多いはずだ。

8月18日といえば約10日以上前の話だが、8/16に紺野比奈子さんはTwitterを更新しており、その時は病気という感じもなく、普通の文面。Twitter上では特にストレスや不満もないように感じる。 
一体何が原因なのだろうか?

そして公開されていない年齢は何歳なのだろう?同級生に有名人などがいればわかりやすいがそんな情報もない。


(↑画像は紺野比奈子さんの代表作:三丁目の回覧板)

わかっている情報は紺野比奈子さんは結婚していたようだ。夫はバンドのlove solfege で作曲家の松本慎一郎さん(オーギュスト棒)
松本さんの年齢も不詳で、もちろん馴れ初めや同級生かどうかもわからない。

紺野さんが亡くなった事に対して夫である松本慎一郎さんは以下のようにコメントしている↓
~~~~~~~~~~~~~~~~
love solfege松本です。このたびの紺野の逝去は本当に残念なことです。正直なところ、なかなか気持ちの整理もつかないでおります。
私にとっても、妻としてのみならず、良きライバルとして、そして創作の良きパートナーとして、互いに切磋琢磨できる存在でありましたので、残念では言い切ることのできない感覚がまだたくさんあります。

「紺野の創作において、表現したかった根幹は何だったのか?」このことを繙き、みなさまにお伝えすることが自分の役割だと感じております。

テーマはとても簡単です。

漫画では、紺野作品では決して悪者は出てこないという点です。主人公にとって敵対するキャラクターであっても魅力的で憎めない、生きたキャラクターを描き続けてきたと思います。それは「ただ敵対しているだけで憎むのはナンセンスだ」「環境、状況で自分が正義か立場上の悪か、どちらにもなりうる、どちらも正しい」という紺野の信念からくるものだったのではないでしょうか。そして、世界から悪いことがなくなり、すべてに優しい世界になることを願っていたのではないでしょうか。また、わかりやすく描くということは焦点がボケてしまってハッキリとしたメッセージを残せないという点から、どうすれば、わかりやすく且つメッセージ性を強く出来るか…ということを常に出版社の方と頭をひねっておりました。

作詞においても、徹底的に松本作品にこだわって頂き、他楽曲作詞はほぼ受けないという徹底振りでした。このことには強い尊敬の念を感じましたし、私個人としても作詞という魂が入る大事な製作過程には信頼を置いていました。時には作詞のテーマについて2晩にわたり語り合い、やっとのことで生まれた1語…という詞もありました。表面的なものを語っても、とっつきは良くてもすぐに忘れ去られる。本質を語れば受け手は辛かろう。ならば後者を取る、なぜならば松本音楽の本質でもあるからだ…と語っていたのを昨日のことのように思い出されます。明暗をはっきりさせず、現実への投射…明るい曲にも陰があり、暗い曲にも光が差す…飽くまでも現実へのメッセージ性に、且つ等身大の描写にこだわり、個性を、そしてブランドを確立していったのだと思います。

それらの表現を出し切れたかどうかは、個人的解釈でしかありませんが、紺野はまだ道半ばだったのではないかと推測しております。

まだまだやりたい事があったのだろう…そう考えております。

ここに紺野のスケッチブックがあります。開いてみるとそこにはいろいろなアイディアや既に作品ひとつ手前までもっていけそうなものまでたくさんの絵や文章がありました。中にはlove solfegeの次々作のアイディアまでスケッチしてありました。商業作品のCDならこんな感じのものがいいなぁというラフもありました。漫画に関しても読みきりのネタ、アイディアがたくさん詰まっていました。

これが紺野の今の時点で、知りうる全てである…と感じました。紺野の遺志をすべて知りうるには…言い換えれば、遺志を引き継げるのは少なくとも自分であり、自分が動かない限りはすべての紺野の遺志は知り得ない…と考えています。
ですから、今後の活動は当然ながら続けたいと思います。その活動を通し、現時点で見えている紺野の遺志をもっと知るためにも、もっともっと研鑽を積み重ね、視野を広くしていきたいと思います。そしてすべてを見渡すことができて、初めて紺野のやりたかったことが完全に理解できるのではないか…そう考えております。

みなさまにおかれましては、どうぞ、love solfegeを見守り、応援してやってください。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ご拝読ありがとうございました。
松本慎一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~

オーギュスト棒と名乗る松本慎一郎さんも年齢は不詳だが30年も前に作曲活動を始めたようで、娘さんもいるらしい。作曲を始めた年齢と自分の現在の娘の年齢が同じ、ということをTwitterで記してあった。

ーーーーーーーーー
ここからは仮のはなしだが、、、
もしも、松本さんが16歳から作曲を始めたとしたら現在は46歳。30歳の時に結婚して子供ができていたら娘は16歳。




紺野さんは1997年にデビューしているようで、物凄く若いデビューしたなら、、例えば17歳くらいでデビューしたならば現在35歳くらい。35歳なので16歳の娘さんがいるとしたら19歳か20歳で結婚出産しているはずだ。

そう考えるとその年齢である可能性は低い。恐らくデビューは20歳を過ぎてからでは?と考えると40代。
夫の松本さんとも年齢的にも近い。



(↑画像はオーギュスト棒さんと見られる)
 
つまり40代くらいと考えるのが妥当だが、もしかしたらもっとデビューが遅かったかもしれないし早かったかもしれないので何とも言えない。。
それに紺野さんの実子ではないかもしれないので娘さんの年齢からも完全なる推測は不可能。。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも、亡くなった人の、しかも女性の年齢を推測するのはあまり良くないことだ。
 
しかし、作風も若くTwitterでの数々の呟きも若く見えるので気になってしまうのが本音である。
更になぜ心臓疾患が起きたのか?また年齢との関係も気になるのでついつい考えてしまう。。

 



紺野比奈子さんが亡くなった原因はは急性心臓疾患だが、元々持病があったのか?心臓に疾患があったのか?それが原因で急性心臓疾患となったのかはわかっていない。
しかし2日前までは元気だったとTwitterのツイートからいえるだろう。
現時点では、紺野比奈子さんに病気があったという噂や報告はない。


特に持病がなかったなら、急性で起こった心臓疾患だったのだろう。
ネット上では急性心臓疾患は死因不明と憶測される場合が多く、謎が残るとされていて、様々な憶測が飛び交う。「自殺ではないのか?」「薬物ではないのか?」など根も葉もない噂であり憶測だ。

今回の紺野さんに限ってはそれは絶対ないだろう。限りなく0に近いと思う。


また紺野比奈子さんは年齢だけでなく画像も非公開になっている。つまり容姿から年齢を推測はできない。



旧ペンネームは「ひな。」
代表作としては
「ぎょ!っとパラダイス」
「3丁目の回覧板」
「デ・ジ・キャラット ぴよぴよぴよこちゃん」
「野に咲く薔薇のように」といった代表作がある。


ちなみに旧ペンネームから現在の紺野比奈子に変更したのは、2010年から。



急な病気での死去のため、紺野比奈子さん自身もやり残したことは多かったはずだ、しかし紺野さんには松本慎一郎さんという夫がおり、前述したように夫の松本さんが意思を受け継ぎ表現してくれるかもしれない。

何にしても紺野さんの死は残された者たち(ファンを含む)にしてみたら悲しくて仕方ない。

心よりご冥福お祈りします。


夫の松本慎一郎さんの音楽理念を記した文章を見つけたので貼っておきます。

「 love solfege代表のオーギュスト棒と申します。 このCDは、サークル結成からはや十有余年、お蔭様でたくさんの作品を発表する事が出来ました一方で、初めてlove solfegeの作品をお聴きくださる方から、「どのCDから聴けばよいか…?」という声を度々戴き、現在入手可能なアルバムから1曲ずつ選曲し、収録 する事によってカタログ的な役割の、このCDを作ることになりました。皆様にとってお気に入りの作品が見つかりますことを願ってやみません。
さて、"ソルフェージュ"とは、音楽の基礎の部分の最も重要な能力・技術です。凡常な事かもしれませんが、私達は、いつでも基本を忘れず、しかしながら、新しい表現を 模索し、追究しようと日々精進したい所存です。 そして、皆様の輝かしい時代の経過と共に、love solfegeもその傍らにお供させて頂けたら、これ以上の喜びはありません。
オーギュスト棒







■■訃報記事■■
*今日、NON STYLE井上が死んだ?まじか!?


*仮面ライダー555の泉政行さん35歳で他界、、壮絶な闘病生活か?


*ぽわぽわPこと椎名もた何と20歳で死亡。謎が多い。

*ホイットニー・ヒューストンの娘、植物人間状態が半年間続いたが死亡、、ボビー・ブラウンは悲痛。

*デブラージ死亡、死因は?どんな死因でも悲しいとしか言い様がない。


*Charの元相棒、石田長生が死去。大村憲司へ送った曲のような追悼曲はあるか?



*貴ノ浪への武蔵丸の言葉が深すぎて涙が止まらない



*片平巧が死去、身内だけが知っている情報とは?



*ギャル系モデル諏訪美緒(すわ みお)が亡くなっていた!若すぎる死に悲痛な声続出


*イエスのベースだったクリススクワイア死去。実質イエスはイエスではなくなった、、?


*パドリスタの作詞作曲担当もしていた渡辺拓雄が死去、、何と35歳の若さ。どうする?


*上田昭夫さんが死亡。スーパータイムでコンビを組んだ安藤優子の言葉とは?


*ホイットニー・ヒューストンの娘が半年間の植物人間を経て死亡。

*セクシー映画の先駆者ラウラ・アントリネットさん波瀾万丈の人生に幕を降ろした、、


*丸山夏鈴がTIF出演の夢かなわず死去。TOKYO IDOL FESTIVALにでるアイドルたちは彼女の魂を忘れるな!




*ガキ大将ジャイアンたてかべ和也さんが亡くなった。心の友スネ夫が絶叫



*超現代バンド「ふぇのたす」澤sweetsミキヒコが死亡、、若すぎる。急性心不全



*ワイルドワンズの加瀬邦彦さんが衝撃の自殺!!加山雄三の反応とは?


*任天堂の岩田聡氏が死亡。後継者は?



nice!(4) 

nice! 4

漫画家の紺野比奈子さんが急死。夫の前向きなコメントが紺野さんの人柄を示す。:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

漫画家の紺野比奈子さんが急死。夫の前向きなコメントが紺野さんの人柄を示す。 [芸能人]

漫画家の紺野比奈子さんが亡くなった。
謎が多い漫画家の紺野比奈子さんが、8月18日に急性心臓疾患で死去した。
突然の訃報に戸惑い困惑しているファンも多いはずだ。

8月18日といえば約10日以上前の話だが、8/16に紺野比奈子さんはTwitterを更新しており、その時は病気という感じもなく、普通の文面。Twitter上では特にストレスや不満もないように感じる。 
一体何が原因なのだろうか?

そして公開されていない年齢は何歳なのだろう?同級生に有名人などがいればわかりやすいがそんな情報もない。


(↑画像は紺野比奈子さんの代表作:三丁目の回覧板)

わかっている情報は紺野比奈子さんは結婚していたようだ。夫はバンドのlove solfege で作曲家の松本慎一郎さん(オーギュスト棒)
松本さんの年齢も不詳で、もちろん馴れ初めや同級生かどうかもわからない。

紺野さんが亡くなった事に対して夫である松本慎一郎さんは以下のようにコメントしている↓
~~~~~~~~~~~~~~~~
love solfege松本です。このたびの紺野の逝去は本当に残念なことです。正直なところ、なかなか気持ちの整理もつかないでおります。
私にとっても、妻としてのみならず、良きライバルとして、そして創作の良きパートナーとして、互いに切磋琢磨できる存在でありましたので、残念では言い切ることのできない感覚がまだたくさんあります。

「紺野の創作において、表現したかった根幹は何だったのか?」このことを繙き、みなさまにお伝えすることが自分の役割だと感じております。

テーマはとても簡単です。

漫画では、紺野作品では決して悪者は出てこないという点です。主人公にとって敵対するキャラクターであっても魅力的で憎めない、生きたキャラクターを描き続けてきたと思います。それは「ただ敵対しているだけで憎むのはナンセンスだ」「環境、状況で自分が正義か立場上の悪か、どちらにもなりうる、どちらも正しい」という紺野の信念からくるものだったのではないでしょうか。そして、世界から悪いことがなくなり、すべてに優しい世界になることを願っていたのではないでしょうか。また、わかりやすく描くということは焦点がボケてしまってハッキリとしたメッセージを残せないという点から、どうすれば、わかりやすく且つメッセージ性を強く出来るか…ということを常に出版社の方と頭をひねっておりました。

作詞においても、徹底的に松本作品にこだわって頂き、他楽曲作詞はほぼ受けないという徹底振りでした。このことには強い尊敬の念を感じましたし、私個人としても作詞という魂が入る大事な製作過程には信頼を置いていました。時には作詞のテーマについて2晩にわたり語り合い、やっとのことで生まれた1語…という詞もありました。表面的なものを語っても、とっつきは良くてもすぐに忘れ去られる。本質を語れば受け手は辛かろう。ならば後者を取る、なぜならば松本音楽の本質でもあるからだ…と語っていたのを昨日のことのように思い出されます。明暗をはっきりさせず、現実への投射…明るい曲にも陰があり、暗い曲にも光が差す…飽くまでも現実へのメッセージ性に、且つ等身大の描写にこだわり、個性を、そしてブランドを確立していったのだと思います。

それらの表現を出し切れたかどうかは、個人的解釈でしかありませんが、紺野はまだ道半ばだったのではないかと推測しております。

まだまだやりたい事があったのだろう…そう考えております。

ここに紺野のスケッチブックがあります。開いてみるとそこにはいろいろなアイディアや既に作品ひとつ手前までもっていけそうなものまでたくさんの絵や文章がありました。中にはlove solfegeの次々作のアイディアまでスケッチしてありました。商業作品のCDならこんな感じのものがいいなぁというラフもありました。漫画に関しても読みきりのネタ、アイディアがたくさん詰まっていました。

これが紺野の今の時点で、知りうる全てである…と感じました。紺野の遺志をすべて知りうるには…言い換えれば、遺志を引き継げるのは少なくとも自分であり、自分が動かない限りはすべての紺野の遺志は知り得ない…と考えています。
ですから、今後の活動は当然ながら続けたいと思います。その活動を通し、現時点で見えている紺野の遺志をもっと知るためにも、もっともっと研鑽を積み重ね、視野を広くしていきたいと思います。そしてすべてを見渡すことができて、初めて紺野のやりたかったことが完全に理解できるのではないか…そう考えております。

みなさまにおかれましては、どうぞ、love solfegeを見守り、応援してやってください。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ご拝読ありがとうございました。
松本慎一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~

オーギュスト棒と名乗る松本慎一郎さんも年齢は不詳だが30年も前に作曲活動を始めたようで、娘さんもいるらしい。作曲を始めた年齢と自分の現在の娘の年齢が同じ、ということをTwitterで記してあった。

ーーーーーーーーー
ここからは仮のはなしだが、、、
もしも、松本さんが16歳から作曲を始めたとしたら現在は46歳。30歳の時に結婚して子供ができていたら娘は16歳。




紺野さんは1997年にデビューしているようで、物凄く若いデビューしたなら、、例えば17歳くらいでデビューしたならば現在35歳くらい。35歳なので16歳の娘さんがいるとしたら19歳か20歳で結婚出産しているはずだ。

そう考えるとその年齢である可能性は低い。恐らくデビューは20歳を過ぎてからでは?と考えると40代。
夫の松本さんとも年齢的にも近い。



(↑画像はオーギュスト棒さんと見られる)
 
つまり40代くらいと考えるのが妥当だが、もしかしたらもっとデビューが遅かったかもしれないし早かったかもしれないので何とも言えない。。
それに紺野さんの実子ではないかもしれないので娘さんの年齢からも完全なる推測は不可能。。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも、亡くなった人の、しかも女性の年齢を推測するのはあまり良くないことだ。
 
しかし、作風も若くTwitterでの数々の呟きも若く見えるので気になってしまうのが本音である。
更になぜ心臓疾患が起きたのか?また年齢との関係も気になるのでついつい考えてしまう。。

 



紺野比奈子さんが亡くなった原因はは急性心臓疾患だが、元々持病があったのか?心臓に疾患があったのか?それが原因で急性心臓疾患となったのかはわかっていない。
しかし2日前までは元気だったとTwitterのツイートからいえるだろう。
現時点では、紺野比奈子さんに病気があったという噂や報告はない。


特に持病がなかったなら、急性で起こった心臓疾患だったのだろう。
ネット上では急性心臓疾患は死因不明と憶測される場合が多く、謎が残るとされていて、様々な憶測が飛び交う。「自殺ではないのか?」「薬物ではないのか?」など根も葉もない噂であり憶測だ。

今回の紺野さんに限ってはそれは絶対ないだろう。限りなく0に近いと思う。


また紺野比奈子さんは年齢だけでなく画像も非公開になっている。つまり容姿から年齢を推測はできない。



旧ペンネームは「ひな。」
代表作としては
「ぎょ!っとパラダイス」
「3丁目の回覧板」
「デ・ジ・キャラット ぴよぴよぴよこちゃん」
「野に咲く薔薇のように」といった代表作がある。


ちなみに旧ペンネームから現在の紺野比奈子に変更したのは、2010年から。



急な病気での死去のため、紺野比奈子さん自身もやり残したことは多かったはずだ、しかし紺野さんには松本慎一郎さんという夫がおり、前述したように夫の松本さんが意思を受け継ぎ表現してくれるかもしれない。

何にしても紺野さんの死は残された者たち(ファンを含む)にしてみたら悲しくて仕方ない。

心よりご冥福お祈りします。


夫の松本慎一郎さんの音楽理念を記した文章を見つけたので貼っておきます。

「 love solfege代表のオーギュスト棒と申します。 このCDは、サークル結成からはや十有余年、お蔭様でたくさんの作品を発表する事が出来ました一方で、初めてlove solfegeの作品をお聴きくださる方から、「どのCDから聴けばよいか…?」という声を度々戴き、現在入手可能なアルバムから1曲ずつ選曲し、収録 する事によってカタログ的な役割の、このCDを作ることになりました。皆様にとってお気に入りの作品が見つかりますことを願ってやみません。
さて、"ソルフェージュ"とは、音楽の基礎の部分の最も重要な能力・技術です。凡常な事かもしれませんが、私達は、いつでも基本を忘れず、しかしながら、新しい表現を 模索し、追究しようと日々精進したい所存です。 そして、皆様の輝かしい時代の経過と共に、love solfegeもその傍らにお供させて頂けたら、これ以上の喜びはありません。
オーギュスト棒







■■訃報記事■■
*今日、NON STYLE井上が死んだ?まじか!?


*仮面ライダー555の泉政行さん35歳で他界、、壮絶な闘病生活か?


*ぽわぽわPこと椎名もた何と20歳で死亡。謎が多い。

*ホイットニー・ヒューストンの娘、植物人間状態が半年間続いたが死亡、、ボビー・ブラウンは悲痛。

*デブラージ死亡、死因は?どんな死因でも悲しいとしか言い様がない。


*Charの元相棒、石田長生が死去。大村憲司へ送った曲のような追悼曲はあるか?



*貴ノ浪への武蔵丸の言葉が深すぎて涙が止まらない



*片平巧が死去、身内だけが知っている情報とは?



*ギャル系モデル諏訪美緒(すわ みお)が亡くなっていた!若すぎる死に悲痛な声続出


*イエスのベースだったクリススクワイア死去。実質イエスはイエスではなくなった、、?


*パドリスタの作詞作曲担当もしていた渡辺拓雄が死去、、何と35歳の若さ。どうする?


*上田昭夫さんが死亡。スーパータイムでコンビを組んだ安藤優子の言葉とは?


*ホイットニー・ヒューストンの娘が半年間の植物人間を経て死亡。

*セクシー映画の先駆者ラウラ・アントリネットさん波瀾万丈の人生に幕を降ろした、、


*丸山夏鈴がTIF出演の夢かなわず死去。TOKYO IDOL FESTIVALにでるアイドルたちは彼女の魂を忘れるな!




*ガキ大将ジャイアンたてかべ和也さんが亡くなった。心の友スネ夫が絶叫



*超現代バンド「ふぇのたす」澤sweetsミキヒコが死亡、、若すぎる。急性心不全



*ワイルドワンズの加瀬邦彦さんが衝撃の自殺!!加山雄三の反応とは?


*任天堂の岩田聡氏が死亡。後継者は?



nice!(4) 

nice! 4