So-net無料ブログ作成
検索選択

ふぇのたす 澤“Sweets”ミキヒコ 死去、死因は急性心不全。持病はあったのか?ファンからは悲痛の声 [音楽業界]

次世代型バンド「ふぇのたす」の澤“Sweets”ミキヒコ(パーカッション担当)が、5月3日に急性心不全で逝去したことが発表された。

そもそも急性心不全(心臓喘息)とはどんな病気なのか?澤ミキヒコに死因となる病状は、持病はあったのだろうか?

急性心不全とは心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下し、全身の血液がうっ血する状態。つまり血液がうまく流れない。

 酸素交換が悪くなることから呼吸困難になり、全身に血液を送り出す力が低下するので、口唇や皮膚が紫色になるチアノーゼが起こる。
症状は突発性の物が多く、症状が出たら適切に治療をしないと生命の維持が困難になるのだ。



澤“Sweets”ミキヒコの悲報は同バンドのオフィシャルサイトで発表されたもの。通夜と告別式は近親者のみで執り行う予定だという。今後のふぇのたすの活動については、オフィシャルサイトやメールマガジンなどで発表される。

急性心不全になった当初の様子や持病などは発表されていない。


2012年に結成されたふぇのたすは、澤、ヤマモトショウ(Gt,Syn)、みこ(Vo)の3人組。2013年に1stミニアルバム『2013 ねん、なつ』、2014年に2ndミニアルバム『胸キュン'14』をリリースした、

今年3月にミニアルバム『PS2015』でメジャーデビューを果たした。この頃から徐々に知名度があがっている。
ファンからはこんな声も
「ふぇのたすってこないだユニバースミュージックと契約してミニアルバムをリリースしたふぇのたすだよね?
80年代ポップスにロリボイスをミックスしたサウンドが好きだったのになあ。
6月にニューシングルもリリースするし、7月には待望のワンマンライブもあるのに残念。。」



そもそもの原因は何か?死因に繋がる持病はあったのだろうか?





 急性心不全で最も多い原因は、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患。高血圧性心疾患、先天性心疾患、などで、
 急性心筋梗塞では突然に発症することが多いが、その他の病気では慢性に続いている心不全が急速に悪化して急性心不全になることがある。
澤“Sweets”ミキヒコにそういった持病はあったのだろうか、きっとあったのかもしれない。


そして症状の誘因として多いのは、かぜなどの感染症、不整脈、肉体的・精神的なストレス、過剰な飲水・飲食、薬ののみ忘れ、不適切な薬の投与などだ。一番当てはまりそうなのはやはり、ストレスか?先月まではSNSなどでの様子は普通と見られる。


急性心不全の症状の現れ方としては激しい呼吸困難で発症。同時に咳と痰が出て。泡のような痰で、時にピンク色になる。
唇が紫色になり、手足は冷たく、全身に冷や汗をかく。脈が速くなり、動悸を訴えることがある。
 これらの症状が出たら一刻を争う事態になる。


低迷する音楽業界で新しいサウンドや思考のバンドの悲報を耳にするのは本当に辛い、パーカッションがあるからこそ、澤“Sweets”ミキヒコがいたからこそ、ふぇのたすは光輝いていたのだ。
バンドとはpieceの集まりであり、ピースが一人でもかけると空中分解する可能性もあるだけに、ふぇのたすの他のメンバーとしては踏ん張りどころだろう。

謹んでご冥福御祈り申し上げます。

スポンサードリンク






*2017年5月再びふぇのたすが話題の理由とは?

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ふぇのたす 澤“Sweets”ミキヒコ 死去、死因は急性心不全。持病はあったのか?ファンからは悲痛の声:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

ふぇのたす 澤“Sweets”ミキヒコ 死去、死因は急性心不全。持病はあったのか?ファンからは悲痛の声 [音楽業界]

次世代型バンド「ふぇのたす」の澤“Sweets”ミキヒコ(パーカッション担当)が、5月3日に急性心不全で逝去したことが発表された。

そもそも急性心不全(心臓喘息)とはどんな病気なのか?澤ミキヒコに死因となる病状は、持病はあったのだろうか?

急性心不全とは心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下し、全身の血液がうっ血する状態。つまり血液がうまく流れない。

 酸素交換が悪くなることから呼吸困難になり、全身に血液を送り出す力が低下するので、口唇や皮膚が紫色になるチアノーゼが起こる。
症状は突発性の物が多く、症状が出たら適切に治療をしないと生命の維持が困難になるのだ。



澤“Sweets”ミキヒコの悲報は同バンドのオフィシャルサイトで発表されたもの。通夜と告別式は近親者のみで執り行う予定だという。今後のふぇのたすの活動については、オフィシャルサイトやメールマガジンなどで発表される。

急性心不全になった当初の様子や持病などは発表されていない。


2012年に結成されたふぇのたすは、澤、ヤマモトショウ(Gt,Syn)、みこ(Vo)の3人組。2013年に1stミニアルバム『2013 ねん、なつ』、2014年に2ndミニアルバム『胸キュン'14』をリリースした、

今年3月にミニアルバム『PS2015』でメジャーデビューを果たした。この頃から徐々に知名度があがっている。
ファンからはこんな声も
「ふぇのたすってこないだユニバースミュージックと契約してミニアルバムをリリースしたふぇのたすだよね?
80年代ポップスにロリボイスをミックスしたサウンドが好きだったのになあ。
6月にニューシングルもリリースするし、7月には待望のワンマンライブもあるのに残念。。」



そもそもの原因は何か?死因に繋がる持病はあったのだろうか?





 急性心不全で最も多い原因は、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患。高血圧性心疾患、先天性心疾患、などで、
 急性心筋梗塞では突然に発症することが多いが、その他の病気では慢性に続いている心不全が急速に悪化して急性心不全になることがある。
澤“Sweets”ミキヒコにそういった持病はあったのだろうか、きっとあったのかもしれない。


そして症状の誘因として多いのは、かぜなどの感染症、不整脈、肉体的・精神的なストレス、過剰な飲水・飲食、薬ののみ忘れ、不適切な薬の投与などだ。一番当てはまりそうなのはやはり、ストレスか?先月まではSNSなどでの様子は普通と見られる。


急性心不全の症状の現れ方としては激しい呼吸困難で発症。同時に咳と痰が出て。泡のような痰で、時にピンク色になる。
唇が紫色になり、手足は冷たく、全身に冷や汗をかく。脈が速くなり、動悸を訴えることがある。
 これらの症状が出たら一刻を争う事態になる。


低迷する音楽業界で新しいサウンドや思考のバンドの悲報を耳にするのは本当に辛い、パーカッションがあるからこそ、澤“Sweets”ミキヒコがいたからこそ、ふぇのたすは光輝いていたのだ。
バンドとはpieceの集まりであり、ピースが一人でもかけると空中分解する可能性もあるだけに、ふぇのたすの他のメンバーとしては踏ん張りどころだろう。

謹んでご冥福御祈り申し上げます。

スポンサードリンク






*2017年5月再びふぇのたすが話題の理由とは?

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。