So-net無料ブログ作成
検索選択

大学入学したての一年生から就職へ準備しなくては、この平成をサバイバルできないぞ! [社会情勢]

大学に入学したばかりの大学生は
浮かれてばかりじゃなく、もう将来を見据えて行動せよ!
大学の入学すると初めての経験が多く、様々な事に取り組む人が多いでしょう。
一人暮らしを始める人もいるでしょうし、サークルや部活、アルバイトなど多くの事を経験できる大事な時期です。
あまりの楽しさから本来の目的である勉学を疎かにする人もいるかもしれません。しかし本来の目的はしっかりと四年間勉強をして将来の役に立てる事です。
受験の苦労の反動で遊びに夢中になる人が多いですが、入学したらもう次の事を考える必要があります。それは社会人への土台作りです。

社会人への土台作り、つまりは卒業後の就職について考える必要があるのです。まだ気が早いと考える人も多いですが、準備は早ければ早い程良いのです。方法はいくつかあります。







例えばサークルや部活に入った場合は先輩方の話しをよく聞き、どういった就活をするのか、またどういった動機で就職をしたいのかなど聞くとよいでしょう。そういった意味でもサークルや部活に入る事はとても大切な事です。アドバイスをしてくれて相談のできる先輩を作るのは就職の準備の1つです。
またアルバイトを始めるならば、将来自分が働きたい職種を選ぶのも就活の第一歩です。
反対に将来就きたい仕事とは別の業種を様々体験することも重要です。
アルバイトをすることは社会に出て働き社会貢献にもなりますし、日本経済にも影響を与えます。
もし日本の学生がアルバイトをしなかったら、社会は回りません。
以上のように大学に入学したらアルバイトを始めるのは就職活動への土台としてとても役にたちます。
その他にも必要な準備は多くあります。それは大学生にとって最も重要な事、勉強です。


大学に入学しても勉強を疎かにしては苦労して入学した意味がありません。
勉強をしないと進級ができない可能性もあります。進級ができなくなると自信を失い、孤独感などから自主退学をしてしまう可能性もあるのです。また大学の授業では高校時代には学ばない社会で必要な専門分野を深く学ぶ事ができます。
大学での授業を理解し実行できるならば将来に役に立つ資格を取得する事も嘉納です。例えば簿記や英検など一般社会で融通の利く資格です。
四年間という長い期間があるので挑戦できる資格は取得しておくと良いでしょう。

長い期間をかけて進める準備は以上の通りです。本格的に就職の時期が近づいて来たなら、様々な企業を調べたり、社会情勢をしっかり学ぶ事も重要になります。また面接の仕方やプレゼンテーションの勉強も重要です。以上にあげた様々な事項を含めて最も大事な事は自ら学ぶ気持ちと必ず志望の職業に就職するという強い気持ちです。目標があれば必然的に行動ができるからです。
少子高齢化が進む日本では、多くの人達が将来を担う若者の活躍に期待しています。

ゆとり世代や平成生まれの草食男女などなど、心ない大人から罵声を浴びせられてきたかもしれません。
しかし!今こそ若者の本気を見せて日本を変えてもらいたい。

スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
大学入学したての一年生から就職へ準備しなくては、この平成をサバイバルできないぞ!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

大学入学したての一年生から就職へ準備しなくては、この平成をサバイバルできないぞ! [社会情勢]

大学に入学したばかりの大学生は
浮かれてばかりじゃなく、もう将来を見据えて行動せよ!
大学の入学すると初めての経験が多く、様々な事に取り組む人が多いでしょう。
一人暮らしを始める人もいるでしょうし、サークルや部活、アルバイトなど多くの事を経験できる大事な時期です。
あまりの楽しさから本来の目的である勉学を疎かにする人もいるかもしれません。しかし本来の目的はしっかりと四年間勉強をして将来の役に立てる事です。
受験の苦労の反動で遊びに夢中になる人が多いですが、入学したらもう次の事を考える必要があります。それは社会人への土台作りです。

社会人への土台作り、つまりは卒業後の就職について考える必要があるのです。まだ気が早いと考える人も多いですが、準備は早ければ早い程良いのです。方法はいくつかあります。







例えばサークルや部活に入った場合は先輩方の話しをよく聞き、どういった就活をするのか、またどういった動機で就職をしたいのかなど聞くとよいでしょう。そういった意味でもサークルや部活に入る事はとても大切な事です。アドバイスをしてくれて相談のできる先輩を作るのは就職の準備の1つです。
またアルバイトを始めるならば、将来自分が働きたい職種を選ぶのも就活の第一歩です。
反対に将来就きたい仕事とは別の業種を様々体験することも重要です。
アルバイトをすることは社会に出て働き社会貢献にもなりますし、日本経済にも影響を与えます。
もし日本の学生がアルバイトをしなかったら、社会は回りません。
以上のように大学に入学したらアルバイトを始めるのは就職活動への土台としてとても役にたちます。
その他にも必要な準備は多くあります。それは大学生にとって最も重要な事、勉強です。


大学に入学しても勉強を疎かにしては苦労して入学した意味がありません。
勉強をしないと進級ができない可能性もあります。進級ができなくなると自信を失い、孤独感などから自主退学をしてしまう可能性もあるのです。また大学の授業では高校時代には学ばない社会で必要な専門分野を深く学ぶ事ができます。
大学での授業を理解し実行できるならば将来に役に立つ資格を取得する事も嘉納です。例えば簿記や英検など一般社会で融通の利く資格です。
四年間という長い期間があるので挑戦できる資格は取得しておくと良いでしょう。

長い期間をかけて進める準備は以上の通りです。本格的に就職の時期が近づいて来たなら、様々な企業を調べたり、社会情勢をしっかり学ぶ事も重要になります。また面接の仕方やプレゼンテーションの勉強も重要です。以上にあげた様々な事項を含めて最も大事な事は自ら学ぶ気持ちと必ず志望の職業に就職するという強い気持ちです。目標があれば必然的に行動ができるからです。
少子高齢化が進む日本では、多くの人達が将来を担う若者の活躍に期待しています。

ゆとり世代や平成生まれの草食男女などなど、心ない大人から罵声を浴びせられてきたかもしれません。
しかし!今こそ若者の本気を見せて日本を変えてもらいたい。

スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。