So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

UZIの他にもこんなにも大麻で捕まったラッパーはいる!! [芸能人]

UZIが大麻所持で逮捕された衝撃はでかい。そんなにUZIはウィードやマリファナ、ガンジャやカンナビス、大麻やチョコレートなどのワードをリリックにぶっこむタイプではない。

それだけにびっくりした。
他のラッパーではよく「ガンギマリ!」
「目を真っ赤にして、キマル」とか「ケムリをはく」「スモーキンエブリデイ」とか「ボングの準備は万全だ」
など、この人マリファナを吸ってるんだな、、的なリリックは登場する。

そういったラッパーなら「ああ、やっぱり捕まったな」と納得できる。

そうして大麻で捕まったラッパーは多い。



UZIは「平成維新!嵐巻き起こーす!位置について但し先を越ーす!」
と いった具合の男気全開のラッパーだ。


ラッパーには何種類かいると思う。

スタイリッシュに何でもこなすラッパー。女受けするラッパー。
英語を多様するラッパー。
文学的なラッパー。
ハードコアなラッパー。

そしてUZIやラッパ我リヤのような武骨なラッパーなどだ。



たまに「ダサい」とか「暑苦しい」と言われるが、そのダサさと熱さが良いんだよ!とリスペクトするB-BOYは多い。



他のラッパーで大麻で捕まったラッパーとは? 






GKマーヤン は2014年に大麻で捕まったラッパー。
BIG RON は2011年に大麻で捕まったシンガー
YOU THE ROCK☆は2回2005年と2010年に大麻で捕まってるラッパーだ。


STICKY(SCARS)は2010年に大麻で捕まったラッパー。

次はラッパーではないがラップグループの
DJ KATSU (ヒルクライム)は2017年に大麻で捕まったDJだ。

大麻以外でも逮捕されたラッパーは多い。

D.O(練マザファッカー)はコカイン所持で2009年に捕まった。


ラッパーとよくfeaturingしていた詩音はケタミン所持で2009年に捕まった。


大麻以外で捕まったラッパーで最も危ないのはシャブだ。つまり覚醒剤。
大麻はハッキリ言って自分の意思でやめられる。中毒性はタバコや酒の方が強いのでは?と思えるほど、、と聞く。
しかし、ケミカルは危険と聞く、シャブ(覚醒剤)は更正などできない!とまで言われている超危険な薬物だ。


剣桃太郎と鬼というラッパーはシャブ等で捕まったラッパーだ。他にも違う犯罪でも捕まっているらしい。


そして、使用するならまだしも密輸で捕まっていたラッパーもいる。

著書「監獄ラッパー」のBIG JOEは麻薬密輸で捕まっていた。



こうみるとやはり禁止薬物や大麻で捕まったラッパーは多い。

しかし、芸能人で逮捕で捕まっていた人も多く、今はしれっと活躍している芸能人も多い。
時代のせいなのか、それともやはり大麻は復帰あり と思われてるのか?

わりと大麻逮捕されても活躍している芸能人はいる田中聖(元KAT-TUN)は最近捕まったが、今も何らかの芸能活動はしているだろう。

ここからは大御所 

長渕剛 
錦野旦
美川憲一
井上陽水 
いしだ壱成
カルーセル麻紀 
などだ。


大麻好きをあからさまにしている芸能人もいた。
忌野清志郎ほ大麻で逮捕されていないが、明らかに大麻好きだ。そしてヘロイン(最上級に危険)さえも使ったと本で告白していたようだ。

他にも窪塚洋介はふんわり言っているが捕まっていない。






結論として大麻をやりたければ合法の国でやった方がよい。日本でやれば確実に犯罪だ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

小室哲哉の不倫報道。何を激写された。ラインが流出したのか?写真が流出したのか? [芸能人]

90年代のJ-POPが一番熱い!!
と、言われる最近。

バンドブームにタレントの企画音楽など様々なヒット曲が生まれた。

そして何と言っても90年代の功労者といえばTK。小室哲哉だ。
TMN(TM network)のメンバーだった小室哲哉のプロデュースした曲はことごとく売れた

90年代中頃はヒット曲を連発し、全盛期の年収は20億円ともいわれている。

シーンを創り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)。TRF、安室奈美恵、華原朋美、そして自らのユニット、globe。彼がプロデュースしたCDの総売上枚数は約1億7000万枚超に及ぶ。



 2002年にはglobeのボーカル、KEIKO(45)と結婚。だが11年、KEIKOをクモ膜下出血が襲った。以来6年、リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきたり、仲睦まじい写真などをSNSにアップするなど小室哲哉の愛妻家ぶりには好意的な声があがっている。
 
しかし2018年になり、いきなりの不倫報道だ。
もういいよ、、その類いの報道は。


小室哲哉の不倫相手とされている人はどんな人なのか?

小室哲哉はとあるクリニックでニンニク注射を受けた看護師が不倫相手という。


本当に不倫していたのか?何を根拠に不倫してたというのか?
ラインや写真が流出してない限り「完全なクロ」とは言い切れないのでは?
宮迫博之のように「ホテルに入ったけど、不倫してない」と言い張ればモヤモヤして終わり(もちろん、批判は残る)

小室哲哉はどんな現場を撮られたのか?
小室哲哉は不倫相手とされる女性とのラインや写真が流出したのか?







小室哲哉が激写された現場は女性宅に泊まった時と、都内高級ホテル。

そして1月13日には、妻であるKEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのだ。




という。





、、、クロに近そう。



KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみ。というが週刊誌よ。

そんな事をいちいちケイコのお袋さんに聞くなよ



 小室本人は約40分間にわたり週刊誌のインタビューに答えたという。



 自らの不倫疑惑については「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めた。




近々小室哲哉は会見を開くという。



過去に小室哲哉は詐欺容疑で逮捕されていた。


小室は自作した曲の著作権を"売却"することを思いつく。小室は関西在住の個人投資家の男性に、全著作権を10億円で買わないかと持ちかけたという。交渉はいったん成立し、手付け金として後日、小室には5億円が支払われた。

しかし、実はすべての著作権が小室にあるわけではなかった。著作権の一部は、レコード会社などにあり、小室が持っていなかったのである。
そのため、男性との間で揉めたのだが、2008年7月に小室が慰謝料を含む解決金6億円を支払うことなどを条件に、男性との間に一旦は和解成立。しかし、期限までに支払われずに投資家の男性が刑事告訴したことで、小室は2008年11月4日に詐欺容疑で逮捕されたのだ。




そこから少しずつ名誉は回復し夫婦の仲睦まじい写真などは話題に、ケイコさんの看病も献身的で好印象だっただけに「ケイコさんが可哀想」などの批判も多い

しかし「不倫はもういいよ、」「あれだけ看病頑張ってたんだ、少しの過ちは許すべき」など様々。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

UZIの今後はどうなる!?UZIの性格とは? [芸能人]

大麻所持で逮捕されたUZIこと許斐氏大とはどのような運勢でどのような性格なのか?



*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?




UZIの側近ではないのでUZIの性格はわからないが、ウジの今後も姓名判断で占ってみた。

result2.jpeg


●総合的な運勢
浮き沈みの激しい面がありますが、たくましく障害を乗り越えて行く底力を持っています。そのために、ひとつひとつの困難に忍耐強くぶつかっていけば、道も開けてきます。心根がやさしい面も持ち合わせているので、努力を続ければ実っていくことでしょう

●家系的な運勢
名門の家系です。プライドが高いです。男性に優れた人物が出ますが、血縁関係で問題を起こしやすい家系です。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
気が短く、少しのことで腹を立てるところがあり、家族ははれものにさわる思いをするようです。また、家族や夫婦の縁がうすいという暗示があり、住居の移転も多くなりそうです。

●社交運
生活や生きざまに安定感がみられず、感情にも起伏があるため、人が集まりにくいようです。表面的な人当たりはよくても、なかなか健全な友人関係は築きにくいでしょう。

●ウジの性格
プライドが高く、実力があって、努力家です。めんどうみもよいので、必ず人の上に立って、たよりがいのある人として慕われるでしょう。ただ、人によっては、生意気に見られる場合もありますから、謙虚さを失わないようにすれば、さらに強運な人生となります。

●人間関係
統率力があるので、グループや組織の中で指導的な立場に立ち、全体をまとめあげます。どちらかというと、目上の人とつきあう傾向があり、年長者からの援助を受けやすいでしょう。






またUZIにはこんな運勢も

『人望 逆転成功 大成』

大器で幸せをつかむ人
卓越した眼力を持ち、判断力も群を抜き、多くを受容することが出来るため、そこから多くを生み出す力があります。能力を発揮して成功できます。

気遣い上図で、人の喜ぶ顔を見るのが何よりも好きなタイプ。頼まれたら何でも引き受けてしまい、お調子者に見られてしまうことも。しかし、面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。
気分にムラが出やすく、☆暴走して運を逃がしてしまうこともありますが、人間性を磨く努力を怠らなければ、運勢も安定して上昇していきます。



更に


好きなことが仕事になる。
恵まれた環境で、才能を十分に伸ばすことができます。進むべき道が定まると急速に発展していき、大成功をおさめるでしょう。


との事だ。

UZIの運勢は良い事は良いが今回のように自分が招いたトラブルで一度は落ちるだろう。。
しかし、逮捕された事をきっかけ切のマリファナは絶ち健全にラッパーとしてリングアナとして、ゲーマーとして活動すれば、多くのプロップスはいるのだから、復活し活躍だってできるはずだ。



捕まってしまったのはしょうがない。今後、同じ過ちを繰り返さなければ復活だってありえる。

*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?
復活した芸能人多いよ↑

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ラッパーUZI逮捕、マリファナ所持で。いつからウジは大麻を吸っていたのか? [芸能人]

UZIやっちまった。

大麻所持の疑いで逮捕 「フリースタイルダンジョン」最新回が放送中止


UZI本名許斐氏大(このみ うじひろ)がやってしまった。一体いつからウジはマリファナを吸っていたのか?

ラッパーは大麻所持で逮捕される事が多いが、大人気番組の出演者が捕まるのは色々やばい。
日本の法律には従わないといけない。


ラッパー「UZI」こと許斐氏大さんが大麻を所持していた疑いで、厚生労働省の麻薬取締部に逮捕された



その直後に放送予定だった、UZIさんが進行/ナレーションをつとめる番組「フリースタイルダンジョン」の1月17日(水)回は、急遽内容を変更。

地上波のテレビ朝日では総集編が放送され、ネット配信のAbemaTVでは放送が中止という異例の事態となった。



ラッパーとしてもキャリアが長いUZI、自身のヒット曲はほとんどないが客演では良い仕事をする、パンチラインある言葉をパンチ力のある声量でラップする。

ラッパーが逮捕所持で捕まるのが多いのは仕方ない。大麻、ガンジャ、マリファナを吸う事はラッパーの憧れでもあり、生活の一部になっている、、人がいるのは仕方ない事実。もちろんクリーンな人の方が多いとは思う、、

ラッパー全員がガンジャを吸っているか?と言われれば当然!!そんな事はなく、最近ではほとんど吸ってるラッパーは少ないのでは?と思えるくらいになった。

もちろんこっそり吸っている人はいると思うが、それでも減った。








「うぇいよー!」で知られるマルチなUZI

「フリースタイルダンジョン」の進行として、「うぇいよー!」の掛け声で一躍人気を集めたUZI。

長年活動し、伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」においては1996年と2016年の両開催時に出演した数少ないラッパーの一人。

パンチ力のある声量を武器に、格闘技のリングアナウンサーとしても活躍してきた。


人気があるだけに影響力も強い、そして今後風当たりも強くなる。


なぜラッパーは大麻を吸うのか?ガンジャを吸うのか?

答えは簡単にいうとHIP HOPの本番アメリカのラッパーが吸いまくるからだ。
それにも様々な理由はあるが、その思想やアウトローな感じに憧れてるラッパーが多いから。


ガンジャ、マリファナ、ウィード、、呼び方も様々。大麻はいいがケミカルはダメ!
そんな言葉をラッパーはよく言うが、日本の法律的にアウトだからダメなのだ。




ウジは実は、プロゲーマーでもあり、サッカーゲーム『バーチャストライカー98』の全国大会で優勝した経験もある実力者としても知られている。

また、日本にサウナ文化を持ち込んだと言われている許斐氏利さんが祖父であることが、過去、本人の口から語られてきた。

この件を受けて、「フリースタイルダンジョン」のオーガナイザーであるZeebraさんもTwitterで言及。

「UZIの件でダンジョンが急遽放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…。」とコメントしている。

多くの顔を持ち、現在のヒップホップシーンの発展にも大きく尽力した人物だけに、今回の余波は大きそうだ。



ウジはいつから大麻を吸っていたのか?

その兆しは何と高校時代からあったという、、とあるインタビューでウジは語っている。

UZI ヒップホップを聞き始めたのは高1からです。高校は上の先輩がみんな悪くて、1個上の人ら50人くらいが一気に落第して、俺らが高1になった時にその代と一緒になったんです。そいつらが悪い事を教えてくれたんですよね。

風邪薬を一気飲みするのが流行ったんです。せきどめの錠剤「ブロン」ていう製品があって、1回3錠とかのものを30錠くらい飲んだり。あとは「ロビタシン」っていう液体を飲む、するとどういう状態になるか?
 「ブロン」にはエフェドリンとコデインっていう成分が入ってて、大量に摂取すると集中力が増して、たばこがマジうまくなるんですよ。

錠剤だとうんこが出にくくなって、かわりに真っ白なコロコロのうんこが出るんです。飯も食えないから「不健康だ」ってなって、液体に戻そうぜって成分を研究したら「トニン」っていう咳止め液が良いぞってわかった。
その薬の集中力のおかげで大学受験に成功した



、、と

これは、かなり前からウジがマリファナを吸っていたのでは?と思わせる発言だ。



今後が気になるし、フリースタイルダンジョンの他の連中も吸っているラッパーは多いのだから気をつけるべきだ。いや!むしろ日本のトップラッパーがマリファナを断絶する流れを作るべきなのかもしれない。


それこそがいつも「HIP HOPは輩(やから)が多い、、」と言われる根源なのかもしれない。


昔ながらのB-BOYとすれば「それはダサい。媚びている」などと言うかもしれないが、改革、革命とは批判も付き物だ。

ラッパーの問題はラッパーが片付けるべきだ、勇気のあるラッパーが出てくるのを待つしかないのか、、

*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?









*UZIの性格や今後はどうなる?占ってみた

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

野口五郎が凄い!動画配信サービス開発!! [芸能人]

野口五郎凄い!!何と副業で動画配信サービス開発の発案者だった!

それが
DREAMS COME TRUEの全国ツアーで販売中の「テイクアウトライブカード」として話題を呼んでいる。

「ほう、若者が新しい事を考えたな」
などと思ったが、何と野口五郎さんが発案したという!

しかも副業で!

同カードは「コンサートの持ち帰り」をコンセプトにした動画配信サービス。カードのQRコードをスマートフォンかタブレット端末で読み取ると吉田美和(52)を中心とした360度のステージ映像や、開演直前の様子を見ることができる。



導入は今回のツアーからで、1枚1500円(税込み)。視聴可能な映像は各会場によって異なる。にもかかわらず人気を呼び、昨年10月の開幕から現在まで18公演で1万枚以上を売り上げているというのだ。

これはお得!!


サービスの発案者は歌手の野口五郎さん(61)。
関係者は
「野口さんは日本でいち早くダウンロードサービス市場に目をつけるなど音楽界の未来を考えて、“副業”を手がけていたんです。時間はかかりましたが、その副業がやっと形になったのです。かなり懐が潤っていると聞きました」(音楽業界関係者)







野口の発想の源は路上ライブでCDを手売りしていた若者たち。そこからライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」が生まれ、11年に特許を取得。13年から実用化されているという。

「このご時世、なかなかCDは売れません。となるとライブに自信のあるアーティストがカードを使って、ファンを拡大することも可能。今後、音楽ビジネスの主流になるかもしれません」(同前)

とはいえ野口のシングルは15年9月の「再会タイムマシン/Rainy~会えない週末」以来発売されず。ファンは1日も早い新曲発売を待ち望んでいるはずだ。


ディナーショーやタレント業などで充分稼いでいるはずの野口五郎。
音楽業界を考えての動画配信サービスを開発するなんて凄い!

副業が本業を越すことはないと思うが、副業での収入も凄そうだ。









nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -
B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

UZIの他にもこんなにも大麻で捕まったラッパーはいる!! [芸能人]

UZIが大麻所持で逮捕された衝撃はでかい。そんなにUZIはウィードやマリファナ、ガンジャやカンナビス、大麻やチョコレートなどのワードをリリックにぶっこむタイプではない。

それだけにびっくりした。
他のラッパーではよく「ガンギマリ!」
「目を真っ赤にして、キマル」とか「ケムリをはく」「スモーキンエブリデイ」とか「ボングの準備は万全だ」
など、この人マリファナを吸ってるんだな、、的なリリックは登場する。

そういったラッパーなら「ああ、やっぱり捕まったな」と納得できる。

そうして大麻で捕まったラッパーは多い。



UZIは「平成維新!嵐巻き起こーす!位置について但し先を越ーす!」
と いった具合の男気全開のラッパーだ。


ラッパーには何種類かいると思う。

スタイリッシュに何でもこなすラッパー。女受けするラッパー。
英語を多様するラッパー。
文学的なラッパー。
ハードコアなラッパー。

そしてUZIやラッパ我リヤのような武骨なラッパーなどだ。



たまに「ダサい」とか「暑苦しい」と言われるが、そのダサさと熱さが良いんだよ!とリスペクトするB-BOYは多い。



他のラッパーで大麻で捕まったラッパーとは? 






GKマーヤン は2014年に大麻で捕まったラッパー。
BIG RON は2011年に大麻で捕まったシンガー
YOU THE ROCK☆は2回2005年と2010年に大麻で捕まってるラッパーだ。


STICKY(SCARS)は2010年に大麻で捕まったラッパー。

次はラッパーではないがラップグループの
DJ KATSU (ヒルクライム)は2017年に大麻で捕まったDJだ。

大麻以外でも逮捕されたラッパーは多い。

D.O(練マザファッカー)はコカイン所持で2009年に捕まった。


ラッパーとよくfeaturingしていた詩音はケタミン所持で2009年に捕まった。


大麻以外で捕まったラッパーで最も危ないのはシャブだ。つまり覚醒剤。
大麻はハッキリ言って自分の意思でやめられる。中毒性はタバコや酒の方が強いのでは?と思えるほど、、と聞く。
しかし、ケミカルは危険と聞く、シャブ(覚醒剤)は更正などできない!とまで言われている超危険な薬物だ。


剣桃太郎と鬼というラッパーはシャブ等で捕まったラッパーだ。他にも違う犯罪でも捕まっているらしい。


そして、使用するならまだしも密輸で捕まっていたラッパーもいる。

著書「監獄ラッパー」のBIG JOEは麻薬密輸で捕まっていた。



こうみるとやはり禁止薬物や大麻で捕まったラッパーは多い。

しかし、芸能人で逮捕で捕まっていた人も多く、今はしれっと活躍している芸能人も多い。
時代のせいなのか、それともやはり大麻は復帰あり と思われてるのか?

わりと大麻逮捕されても活躍している芸能人はいる田中聖(元KAT-TUN)は最近捕まったが、今も何らかの芸能活動はしているだろう。

ここからは大御所 

長渕剛 
錦野旦
美川憲一
井上陽水 
いしだ壱成
カルーセル麻紀 
などだ。


大麻好きをあからさまにしている芸能人もいた。
忌野清志郎ほ大麻で逮捕されていないが、明らかに大麻好きだ。そしてヘロイン(最上級に危険)さえも使ったと本で告白していたようだ。

他にも窪塚洋介はふんわり言っているが捕まっていない。






結論として大麻をやりたければ合法の国でやった方がよい。日本でやれば確実に犯罪だ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

小室哲哉の不倫報道。何を激写された。ラインが流出したのか?写真が流出したのか? [芸能人]

90年代のJ-POPが一番熱い!!
と、言われる最近。

バンドブームにタレントの企画音楽など様々なヒット曲が生まれた。

そして何と言っても90年代の功労者といえばTK。小室哲哉だ。
TMN(TM network)のメンバーだった小室哲哉のプロデュースした曲はことごとく売れた

90年代中頃はヒット曲を連発し、全盛期の年収は20億円ともいわれている。

シーンを創り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)。TRF、安室奈美恵、華原朋美、そして自らのユニット、globe。彼がプロデュースしたCDの総売上枚数は約1億7000万枚超に及ぶ。



 2002年にはglobeのボーカル、KEIKO(45)と結婚。だが11年、KEIKOをクモ膜下出血が襲った。以来6年、リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきたり、仲睦まじい写真などをSNSにアップするなど小室哲哉の愛妻家ぶりには好意的な声があがっている。
 
しかし2018年になり、いきなりの不倫報道だ。
もういいよ、、その類いの報道は。


小室哲哉の不倫相手とされている人はどんな人なのか?

小室哲哉はとあるクリニックでニンニク注射を受けた看護師が不倫相手という。


本当に不倫していたのか?何を根拠に不倫してたというのか?
ラインや写真が流出してない限り「完全なクロ」とは言い切れないのでは?
宮迫博之のように「ホテルに入ったけど、不倫してない」と言い張ればモヤモヤして終わり(もちろん、批判は残る)

小室哲哉はどんな現場を撮られたのか?
小室哲哉は不倫相手とされる女性とのラインや写真が流出したのか?







小室哲哉が激写された現場は女性宅に泊まった時と、都内高級ホテル。

そして1月13日には、妻であるKEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのだ。




という。





、、、クロに近そう。



KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみ。というが週刊誌よ。

そんな事をいちいちケイコのお袋さんに聞くなよ



 小室本人は約40分間にわたり週刊誌のインタビューに答えたという。



 自らの不倫疑惑については「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めた。




近々小室哲哉は会見を開くという。



過去に小室哲哉は詐欺容疑で逮捕されていた。


小室は自作した曲の著作権を"売却"することを思いつく。小室は関西在住の個人投資家の男性に、全著作権を10億円で買わないかと持ちかけたという。交渉はいったん成立し、手付け金として後日、小室には5億円が支払われた。

しかし、実はすべての著作権が小室にあるわけではなかった。著作権の一部は、レコード会社などにあり、小室が持っていなかったのである。
そのため、男性との間で揉めたのだが、2008年7月に小室が慰謝料を含む解決金6億円を支払うことなどを条件に、男性との間に一旦は和解成立。しかし、期限までに支払われずに投資家の男性が刑事告訴したことで、小室は2008年11月4日に詐欺容疑で逮捕されたのだ。




そこから少しずつ名誉は回復し夫婦の仲睦まじい写真などは話題に、ケイコさんの看病も献身的で好印象だっただけに「ケイコさんが可哀想」などの批判も多い

しかし「不倫はもういいよ、」「あれだけ看病頑張ってたんだ、少しの過ちは許すべき」など様々。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

UZIの今後はどうなる!?UZIの性格とは? [芸能人]

大麻所持で逮捕されたUZIこと許斐氏大とはどのような運勢でどのような性格なのか?



*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?




UZIの側近ではないのでUZIの性格はわからないが、ウジの今後も姓名判断で占ってみた。

result2.jpeg


●総合的な運勢
浮き沈みの激しい面がありますが、たくましく障害を乗り越えて行く底力を持っています。そのために、ひとつひとつの困難に忍耐強くぶつかっていけば、道も開けてきます。心根がやさしい面も持ち合わせているので、努力を続ければ実っていくことでしょう

●家系的な運勢
名門の家系です。プライドが高いです。男性に優れた人物が出ますが、血縁関係で問題を起こしやすい家系です。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
気が短く、少しのことで腹を立てるところがあり、家族ははれものにさわる思いをするようです。また、家族や夫婦の縁がうすいという暗示があり、住居の移転も多くなりそうです。

●社交運
生活や生きざまに安定感がみられず、感情にも起伏があるため、人が集まりにくいようです。表面的な人当たりはよくても、なかなか健全な友人関係は築きにくいでしょう。

●ウジの性格
プライドが高く、実力があって、努力家です。めんどうみもよいので、必ず人の上に立って、たよりがいのある人として慕われるでしょう。ただ、人によっては、生意気に見られる場合もありますから、謙虚さを失わないようにすれば、さらに強運な人生となります。

●人間関係
統率力があるので、グループや組織の中で指導的な立場に立ち、全体をまとめあげます。どちらかというと、目上の人とつきあう傾向があり、年長者からの援助を受けやすいでしょう。






またUZIにはこんな運勢も

『人望 逆転成功 大成』

大器で幸せをつかむ人
卓越した眼力を持ち、判断力も群を抜き、多くを受容することが出来るため、そこから多くを生み出す力があります。能力を発揮して成功できます。

気遣い上図で、人の喜ぶ顔を見るのが何よりも好きなタイプ。頼まれたら何でも引き受けてしまい、お調子者に見られてしまうことも。しかし、面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。
気分にムラが出やすく、☆暴走して運を逃がしてしまうこともありますが、人間性を磨く努力を怠らなければ、運勢も安定して上昇していきます。



更に


好きなことが仕事になる。
恵まれた環境で、才能を十分に伸ばすことができます。進むべき道が定まると急速に発展していき、大成功をおさめるでしょう。


との事だ。

UZIの運勢は良い事は良いが今回のように自分が招いたトラブルで一度は落ちるだろう。。
しかし、逮捕された事をきっかけ切のマリファナは絶ち健全にラッパーとしてリングアナとして、ゲーマーとして活動すれば、多くのプロップスはいるのだから、復活し活躍だってできるはずだ。



捕まってしまったのはしょうがない。今後、同じ過ちを繰り返さなければ復活だってありえる。

*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?
復活した芸能人多いよ↑

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ラッパーUZI逮捕、マリファナ所持で。いつからウジは大麻を吸っていたのか? [芸能人]

UZIやっちまった。

大麻所持の疑いで逮捕 「フリースタイルダンジョン」最新回が放送中止


UZI本名許斐氏大(このみ うじひろ)がやってしまった。一体いつからウジはマリファナを吸っていたのか?

ラッパーは大麻所持で逮捕される事が多いが、大人気番組の出演者が捕まるのは色々やばい。
日本の法律には従わないといけない。


ラッパー「UZI」こと許斐氏大さんが大麻を所持していた疑いで、厚生労働省の麻薬取締部に逮捕された



その直後に放送予定だった、UZIさんが進行/ナレーションをつとめる番組「フリースタイルダンジョン」の1月17日(水)回は、急遽内容を変更。

地上波のテレビ朝日では総集編が放送され、ネット配信のAbemaTVでは放送が中止という異例の事態となった。



ラッパーとしてもキャリアが長いUZI、自身のヒット曲はほとんどないが客演では良い仕事をする、パンチラインある言葉をパンチ力のある声量でラップする。

ラッパーが逮捕所持で捕まるのが多いのは仕方ない。大麻、ガンジャ、マリファナを吸う事はラッパーの憧れでもあり、生活の一部になっている、、人がいるのは仕方ない事実。もちろんクリーンな人の方が多いとは思う、、

ラッパー全員がガンジャを吸っているか?と言われれば当然!!そんな事はなく、最近ではほとんど吸ってるラッパーは少ないのでは?と思えるくらいになった。

もちろんこっそり吸っている人はいると思うが、それでも減った。








「うぇいよー!」で知られるマルチなUZI

「フリースタイルダンジョン」の進行として、「うぇいよー!」の掛け声で一躍人気を集めたUZI。

長年活動し、伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」においては1996年と2016年の両開催時に出演した数少ないラッパーの一人。

パンチ力のある声量を武器に、格闘技のリングアナウンサーとしても活躍してきた。


人気があるだけに影響力も強い、そして今後風当たりも強くなる。


なぜラッパーは大麻を吸うのか?ガンジャを吸うのか?

答えは簡単にいうとHIP HOPの本番アメリカのラッパーが吸いまくるからだ。
それにも様々な理由はあるが、その思想やアウトローな感じに憧れてるラッパーが多いから。


ガンジャ、マリファナ、ウィード、、呼び方も様々。大麻はいいがケミカルはダメ!
そんな言葉をラッパーはよく言うが、日本の法律的にアウトだからダメなのだ。




ウジは実は、プロゲーマーでもあり、サッカーゲーム『バーチャストライカー98』の全国大会で優勝した経験もある実力者としても知られている。

また、日本にサウナ文化を持ち込んだと言われている許斐氏利さんが祖父であることが、過去、本人の口から語られてきた。

この件を受けて、「フリースタイルダンジョン」のオーガナイザーであるZeebraさんもTwitterで言及。

「UZIの件でダンジョンが急遽放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…。」とコメントしている。

多くの顔を持ち、現在のヒップホップシーンの発展にも大きく尽力した人物だけに、今回の余波は大きそうだ。



ウジはいつから大麻を吸っていたのか?

その兆しは何と高校時代からあったという、、とあるインタビューでウジは語っている。

UZI ヒップホップを聞き始めたのは高1からです。高校は上の先輩がみんな悪くて、1個上の人ら50人くらいが一気に落第して、俺らが高1になった時にその代と一緒になったんです。そいつらが悪い事を教えてくれたんですよね。

風邪薬を一気飲みするのが流行ったんです。せきどめの錠剤「ブロン」ていう製品があって、1回3錠とかのものを30錠くらい飲んだり。あとは「ロビタシン」っていう液体を飲む、するとどういう状態になるか?
 「ブロン」にはエフェドリンとコデインっていう成分が入ってて、大量に摂取すると集中力が増して、たばこがマジうまくなるんですよ。

錠剤だとうんこが出にくくなって、かわりに真っ白なコロコロのうんこが出るんです。飯も食えないから「不健康だ」ってなって、液体に戻そうぜって成分を研究したら「トニン」っていう咳止め液が良いぞってわかった。
その薬の集中力のおかげで大学受験に成功した



、、と

これは、かなり前からウジがマリファナを吸っていたのでは?と思わせる発言だ。



今後が気になるし、フリースタイルダンジョンの他の連中も吸っているラッパーは多いのだから気をつけるべきだ。いや!むしろ日本のトップラッパーがマリファナを断絶する流れを作るべきなのかもしれない。


それこそがいつも「HIP HOPは輩(やから)が多い、、」と言われる根源なのかもしれない。


昔ながらのB-BOYとすれば「それはダサい。媚びている」などと言うかもしれないが、改革、革命とは批判も付き物だ。

ラッパーの問題はラッパーが片付けるべきだ、勇気のあるラッパーが出てくるのを待つしかないのか、、

*UZIの他にもこんなにも!大麻で捕まったラッパーとは?









*UZIの性格や今後はどうなる?占ってみた

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

野口五郎が凄い!動画配信サービス開発!! [芸能人]

野口五郎凄い!!何と副業で動画配信サービス開発の発案者だった!

それが
DREAMS COME TRUEの全国ツアーで販売中の「テイクアウトライブカード」として話題を呼んでいる。

「ほう、若者が新しい事を考えたな」
などと思ったが、何と野口五郎さんが発案したという!

しかも副業で!

同カードは「コンサートの持ち帰り」をコンセプトにした動画配信サービス。カードのQRコードをスマートフォンかタブレット端末で読み取ると吉田美和(52)を中心とした360度のステージ映像や、開演直前の様子を見ることができる。



導入は今回のツアーからで、1枚1500円(税込み)。視聴可能な映像は各会場によって異なる。にもかかわらず人気を呼び、昨年10月の開幕から現在まで18公演で1万枚以上を売り上げているというのだ。

これはお得!!


サービスの発案者は歌手の野口五郎さん(61)。
関係者は
「野口さんは日本でいち早くダウンロードサービス市場に目をつけるなど音楽界の未来を考えて、“副業”を手がけていたんです。時間はかかりましたが、その副業がやっと形になったのです。かなり懐が潤っていると聞きました」(音楽業界関係者)







野口の発想の源は路上ライブでCDを手売りしていた若者たち。そこからライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」が生まれ、11年に特許を取得。13年から実用化されているという。

「このご時世、なかなかCDは売れません。となるとライブに自信のあるアーティストがカードを使って、ファンを拡大することも可能。今後、音楽ビジネスの主流になるかもしれません」(同前)

とはいえ野口のシングルは15年9月の「再会タイムマシン/Rainy~会えない週末」以来発売されず。ファンは1日も早い新曲発売を待ち望んでいるはずだ。


ディナーショーやタレント業などで充分稼いでいるはずの野口五郎。
音楽業界を考えての動画配信サービスを開発するなんて凄い!

副業が本業を越すことはないと思うが、副業での収入も凄そうだ。









nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -