So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

角田信明と松本人志の確執?番組関係者にはめられた? [芸能人]

角田信朗どうした? 松本人志との“確執?”をブログで告白したが、推測の域での話をブログで告白するとは少し気が早いのでは?


「何故こじれて…」とブ約8年番組に呼ばれない事が不満なのか?
番組に呼ばれるかどうかは面白いかどうか?視聴者に受けるかどうか?ではないのか?

個人間の感情で出演依頼が決定するとは思えない。ましてや一流のトップ芸人である松本人志が些末な事で「確執」と思うのか?

角田信明と松本人志の間になにがあったのか?、、、


 格闘家でK-1競技統括プロデューサーの角田信朗(55)が16日に更新したブログで、ダウンタウン・松本人志(53)との長年にわたる確執を明かし、関係修復を訴えた。

角田いわく、約7~8年前の「ある事件」がきっかけで「ボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです!」としている。



 かつて日本テレビ系「ダウンタウンDX」や浜田雅功が司会を務めるフジテレビ系「ジャンクSPORTS」の常連だった角田。この日「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」と題したエントリーで松本との確執を長文のメッセージとともに「初告白」。








呼ばれなくなったきっかけとしては角田いわくダウンタウンの番組から『芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権』のレフェリーをやってほしい、と出演オファーがきた。
角田は喜んだが、「当時K-1はジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され物議を醸していた時期でした!ミスジャッジの存在やそれこそ武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り!」と自身がレフェリーを務め、3カ月の業務停止処分を受けた試合(09年10月)などに触れ、時期が悪いことから、泣く泣く出演依頼を断ったという。

 1年後、「ダウンタウンDX」から出演依頼が届き、喜んだが、今度は収録当日に、突然収録が中止に。

その事情を「松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に収録は中止や!!ということになった…」と関係者から説明されたという。

 角田は「要するにあの時、ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、というのです」と1年前の「事件」がきっかけだと推察。共演予定だった和田アキ子から「あんた一体何があったん!?」と心配の電話がかかってきたことなども明かした。

 角田は「あれからもう何年たったのでしょう…かれこれ10年は経過しているのではないでしょうか!ボクは未だに何故こんなふうにこじれてしまったのかを推理しています」「ボクはこの事件、おそらくこうであろうと推理します」と記し、「松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者がまさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか?」と推論を展開した。

 そして「このブログに書くことでこの真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と、角田が思う「事件」の経緯を書くことで松本に伝わってほしい、という気持ちで訴えたことを記した


つまり角田信明は番組関係者にはめられた!と遠回しに言っているようなものだ。
角田信明としては松本人志を悪くは言えないので推測として不特定の番組関係者を悪者にしたわけだ。

1度松本人志本人と話しあってからブログを書いたほうが良かったのでは?
「角田信明はボディービルやなったり、、どうかしてる?」
想われても仕方ない。

松本人志の反応がきになる。



しかし角田信明はよく批判の対象となってしまうのも事実。
前述の武田幸三の引退試合のレフェリーを角田信明がしたが、その時も批判された。

続きを読む


ピザーラ社長の浅野秀則の経歴が凄まじい!鳥肌が立つほど奮い立たされる!! [社長 企業]

社長の経歴凄さを見るのは面白い。
波乱万丈の社長をみると応援したくなる。
今までに書いた社長の経歴など↓
* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?


今回は「ピザーラお届け!」のキャッチフレーズで有名であり人気のピザーラ創業者であり株式会社フォーシーズ会長の浅野秀則の経歴やエピソードを紹介しよう。


浅野秀則の父親は、100年を超える歴史を持つ紙器メーカーの社長だった。
浅野はその御曹司として生まれた、浅野秀則は当然のことながら後継ぎとしての道が約束されていた。

いわゆる”ぼんぼん育ちだった。。何だ面白くない、と思うのはまだ早い波乱万丈な人生はこれから始まる。

高校2年生の時に父親が倒れた。そして紙器メーカーの会社の経営権は親族に移りってしまった。
それからの浅野の生活は日々困難なものになってきた。


ピザーラ創業者の浅野秀則は父親が倒れてからは、財産の切り売 りで食いつないでいたという。

若い頃にこういう境遇になると社会転覆派になりがちだが、浅野は逆で『この野郎、何としてでも再興を果してやるぞ』 と思っていたという。

独立精神が生まれた浅野は、母親が始めた麻雀店を手伝いながら、豊富なアイデアで集客を果たすなど、商売の面白さに目覚める。

そして慶応大学在学中、浅野は自分で旅行代理店を始めた。 何と大学生の内に既に企業をしていた!!。
その理由も面白い。浅野は以下のようにかたっている。

「必死にお金を集めて、初めて行った海外旅行先のハワイに魅了されて、それから毎年行きたいなと。どうするか? 旅行代理店をつくってしまえば、添乗員として行けるわけですよ(笑)。慶応はもちろん早稲田、日大、日本女子大とかいろんな大学に支部をつくった。それでリーダーを決めて、客になる学生を10人集め てこい、そのかわり、集めたヤツの旅費はタダ。で、添乗員として客の面倒も見ろと。話が早くて画期的でしょ?」
多い時は500人、600人と、けっこうな”事業”規模になった。パンフレットやチラシもきちんと制作し、それをメンバーたちが、学校別・時間別に効果的に配付する。
「何のことはない、今、ピザーラでやってることを全部やってたんですよ」
普通の大学生にはない在学中の仰天エピソードだ。

アイデアに富み、生来親分肌な浅野は、この頃から起業家としての片鱗を見せ始めていたのである。


大学を卒業した浅野は、とりあえずは社会勉強だと就職するが、管理的な組織とは全く肌が合わず、わずか3ヶ月で退職。


そして25歳の時、『インフィニティ』というクラブハウスをオープンする。

ところが、オープンして間もなく、浅野は全身を大やけどするという事故に見舞われるのだ。

「ふ と気がついたら、揚げ物をしていた鍋から火が出てる。慌てて、何を思ったか新聞紙をかけたもんだから、火がもっと大きくなって燃え上がった。さらに慌てて 鍋を持ち上げたら、油面が揺れて顔にまともに浴びて……それで熱い!!って床に落としたら、今度は下からブワッと火が上がって全身火ダルマですよ」
浅野は、それでも服を脱ぎ捨て、裸になって燃えている火を踏んだ。奇跡的に消火できたが、浅野自身は肺にまで達する大やけどで、生死の境をさまようことになった。命だけは取り留めたものの、植皮手術で、1年半にもおよぶ療養生活を余儀なくされる。
命がけで守った店も、閉じるしかなかった。

更に浅野に不幸が襲う、療養生活中に母親が末期ガンだと分かったのだ。。



浅野は動けるようになると再起をかけ動き始めた。
資金も投じ、浅野が次に始めた事業はウーロン茶の輸入販売だ。
まだ、ウーロン茶など誰も知らない頃である。そのぶん、時代の先を行き過ぎていた。

結果として商品は全く売れず事業はあえなく失敗、残ったのは借金だけだった。

その借金を返すため、浅野は見よう見まねでラーメン店を始める、浅野のラーメン屋はかなり繁盛したようだ、可能ならピザーラ創業者のラーメンを食べてみたい、、
しかし浅野秀則は
「でも、真夜中に大量のガラを台車に乗せて、ゴミ捨て場に行くたび、これが自分のしたかったことなのか?と疑問がわいてね」
結局、店は人に貸すことにし、以降、浅野は健康食品などを全国行商したり、ビデオ店を始めたりと、商売を転々とする。なりふりかまわず働き続けた、ハングリーな時代だったという。
並大抵のメンタルではそこまでできない。幼少の頃にボンボンだったとは到底思えない底力である。


ピザ屋を始めたのは直観だった。何とエイリアン映画の名作「E.T」からインスピレーションを得たという。

「『E.T.』で、少年たちがデリバリーのピザを待つシーンを観て、これだ!!と。どうしてって、よく聞かれるけど、その頃は本当にハングリーでしょ、毎日いろんなビジネスを考えていたからアンテナが立ちまくっていたんでしょうね」
これもまた見よう見まねで、浅野はピザの生地づくりから研究を始める。同業他社はどこもアメリカの味を目指していた頃だ。
「でもアメリカの味って、ほとんど均一なんですよ。日本はラーメンにしても、北海道から九州までいろいろな味があるじゃないですか。味は差別化できるんだから、俺たちは日本人、特に女性の味覚に合うピザをつくろうと決めたんです」


そ して1987年に、『ピザーラ』第 1号店が誕生。同年、FCの1号店もオープン。以降、積極的なテレビCMが功を奏したこともあり、軌道に乗るのは早かった。何より、「食べ物屋としての基本は絶対にはずさない、コスト的に高くても食材には徹底的にこだわる」という強いポリシーが、その成長を支えてきた。
「ピザーラお届け!」は一気に全国区へ。

ついに97年、『ピザーラ』は宅配ピザ業界のトップに立つ。
振り返ってみれば、数々の苦難や失敗を通じて、浅野はビジネスの核心を全て学んできたのである。ラーメン店を貸したことで FCの基本を、ウーロン茶での失敗からは計画の的確な修正と引き時を、そして、行商経験では消費者の地域性や説得力ある販売方法を。

「独立を考えている人に言いたいのは、ひとつの、そして自分のアイデアに溺れず、常に2枚腰、3枚腰で考えて行動してほしいということ。そのうえで、もう打つ手がなければ、撤退する時期を見誤らないことです。だって、敗者復活戦はいくらでもできるんだから」

敗者復活戦はいくらでもできる!!






浅野.jpg

続きを読む


波乱万丈の社長達のエピソード経歴。企業希望の人はもちろん普段の生活にも役に立つ!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る

現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?


*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  


大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。



ローラの脇毛が凄い!過去には満島ひかりも、、、 [芸能人]

脇毛処理せずレッドカーペットに出席した女優が話題になっている、しかし 賛否両論コメントもサラリとかわすのはローラカークだ。ワキ毛を処理しなかったのはあの日本のタレント・ローラではない。ローラは脱毛の宣伝出ているのでありえない。

1月某日米・ロサンゼルスにて開催された「第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式」レッドカーペットに、米女優のローラ・カーク(26)が脇毛を生やした状態で出席し、話題を呼んだ。


ローラ・カーク(Lola Kirke 1990年)は英国出身の米国の女優。様々な出演経歴を持つそこそこ有名な女優である。5歳からニューヨーク市で育ち、ロックバンドのバッド・カンパニーや フリーの元ドラマーであったサイモン・カークの娘である。

なぜローラカークは脇毛ボーボーでレッドカーペットに望んだのか?

世間一般で多く広がる思考は「女性はムダ毛がないのが美しい」であるが、そうは思わない!男女平等であるべきだ!などと訴えるフェミニストグループもいる。ローラはフェミニストとして熱心に活動もしている。

しかし当然脇毛丸見え”のドレスアップには賛否両論の意見が寄せられた。

ピンク色のベアトップドレスを着こなし、処理されていない脇毛が丸見えの状態で堂々とポーズを取るローラ。

ローラはフェミニストとしても熱心に活動しており、その一環の行動だったと推測されるが、世間では「レッドカーペットの場にふさわしくない」「不快」など厳しい意見が上がっている。
逆にローラカークを応援するコメントも「個人の自由でしょ」「女性だから剃るべきというのはおかしい」といった声もあがった。


ローラカーク.jpg
ローラ自身は9日付のInstagramにて、ドレス姿の写真を投稿し、「私に殺害予告を送らないでくれた美しい皆さん、どうもありがとう!」とサラリとコメント。

「これは頭の良い返し」「信念を感じる」などの声が寄せられている。




脇毛を剃らないで話題になった学生のローラもいる。こちらも日本のタレントでハリウッド進出したローラではない。ローラは脱毛の宣伝で綺麗な〈一般的に〉体を披露している。

このローラは哲学を専攻するベルギー人の学生だ。先月、彼女は5月に写真家のFlorence Leclouxが撮影した写真の中から、自分ポートレートをシェアした。 その写真は脇毛が処理されていない脇毛ぼーぼーの写真だった。

ベルギー人学生のローラは「私は自分の体を自分がしたいようにした女の子です。男の子がしているように。」
と語り、女性が脇毛や無駄毛の処理をする事に対して疑問をなげかけた。

しかし投稿したfacebookには非常に多くの批判的コメントが寄せられた。
ローラは特に有名人でも芸能人でもない学生なのに、、
ベルギーローラ.png〈ベルギー人の学生ローラの脇毛画像はこちらでは掲載しません〉
ベルギー人学生のローラは
「私は自分の体を自分がしたいようにした女の子です。男の子がしているように。
その結果、辱め、嫌がらせ、侮辱、脅しを受けました。ベルギーやフランスでは女性は十分、社会的な権利を持っているとよく言われます。でも、これらの暴言が証明するように、実は違うのです。自由で進歩的だといわれるベルギーでも、女性が脱毛しないと懲らしめられる。」と語った。

しかし彼女を応援するフェミニストグループも現れて前向きなコメントもあった。
ある程度の批判は承知だったとは思うが予想以上の批判にローラも驚いたはずだ、しかしそれでも自分を貫いたローラは強いメンタルだ。
ありのままが好きな人もいるし嫌いな人もいる。もしくはワキ毛があえて好きな人もいる。
つまりは千差万別で色々な人がいる。

日本にもフェミニストな考え方の人がいる。その代表例は映画「カケラ」の演出だ。



続きを読む


マイケルジャクソン役に白人ジョセフファインズを起用したテレビ映画が放送中止に、その原因 [偉人]

マイケル・ジャクソン役に白人起用のテレビ番組が放送中止…原因は家族の批判受けた事による

マイケル・ジャクソンの都市伝説エピソードはお蔵入りに
 故マイケル・ジャクソン役に白人俳優のジョセフ・ファインズを起用したことで物議を醸していた英 Sky Arts のコメディーシリーズ「アーバン・ミス(原題) / Urban Myths」の当該エピソードが放送中止になった。放送中止になった原因とは?

【写真】マイケル・ジャクソン役に起用されていたジョセフファインズ


マイケル役.jpg
↑マイケルジャクソンとの比較写真。 
似ていない、、

KIMG1243.JPG
↑マイケルが被りそうな帽子とマイケルに似せた髪型でかなり寄せてはいる。思わぬ形で世界中から注目されたジョセフファインズ。

何が問題なのか?というとマイケルは肌の病気で色白になっただけで、マイケルは黒人である事に誇りを持っていたからだ。それを知っているマイケルの親族が批判をした事で放送を取りやめたという。
ちなみにマイケルの肌の病気の病名は尋常性白斑(しろなまず、白皮)という。


 番組は著名人にまつわる都市伝説を30分8話で描くもの。マイケルのエピソードは2001年のアメリカ同時多発テロ事件後、2009年に急死したマイケルジャクソンが往年のスターであるエリザベス・テイラー(ストッカード・チャニング)、マーロン・ブランド(ブライアン・コックス)と共に車でニューヨークからカリフォルニアを目指したといううわさを基にしたロードトリップもので、現地時間19日に放送される予定だった。

 昨年1月の時点でマイケル役に白人のジョセフが起用されたと報じられた時点で波紋を呼んでいた同作だが、先日、番組の予告編が公開されると騒動が再燃。マイケルの長女パリス・ジャクソンはTwitterで「多くの人たちと同じように、腹立たしく思っています。正直なところ、吐きそうになったくらい」と厳しい批判を展開していた。

 家族からの批判を考慮して Sky Arts は、同エピソードの放送中止を決定。「わたしたちは“本当にあった”と伝えられている出来事を気楽に楽しんでいただきたかっただけで、決して誰かを不愉快にしようと考えたことはありません」と声明で述べ、ジョセフファインズも放送中止の決定を支持していると発表している。

 パリスをはじめとする親族たちは、Twitterなどを通じて今回の決定に感謝の意を表明。同シリーズでは、ボブ・ディラン(エディ・マーサン)、ケイリー・グラント(ベン・チャップリン)、アドルフ・ヒトラー(イヴァン・リオン)などのエピソードが紹介される予定だ。


続きを読む


前の5件 | -
B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

角田信明と松本人志の確執?番組関係者にはめられた? [芸能人]

角田信朗どうした? 松本人志との“確執?”をブログで告白したが、推測の域での話をブログで告白するとは少し気が早いのでは?


「何故こじれて…」とブ約8年番組に呼ばれない事が不満なのか?
番組に呼ばれるかどうかは面白いかどうか?視聴者に受けるかどうか?ではないのか?

個人間の感情で出演依頼が決定するとは思えない。ましてや一流のトップ芸人である松本人志が些末な事で「確執」と思うのか?

角田信明と松本人志の間になにがあったのか?、、、


 格闘家でK-1競技統括プロデューサーの角田信朗(55)が16日に更新したブログで、ダウンタウン・松本人志(53)との長年にわたる確執を明かし、関係修復を訴えた。

角田いわく、約7~8年前の「ある事件」がきっかけで「ボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです!」としている。



 かつて日本テレビ系「ダウンタウンDX」や浜田雅功が司会を務めるフジテレビ系「ジャンクSPORTS」の常連だった角田。この日「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」と題したエントリーで松本との確執を長文のメッセージとともに「初告白」。








呼ばれなくなったきっかけとしては角田いわくダウンタウンの番組から『芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権』のレフェリーをやってほしい、と出演オファーがきた。
角田は喜んだが、「当時K-1はジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され物議を醸していた時期でした!ミスジャッジの存在やそれこそ武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り!」と自身がレフェリーを務め、3カ月の業務停止処分を受けた試合(09年10月)などに触れ、時期が悪いことから、泣く泣く出演依頼を断ったという。

 1年後、「ダウンタウンDX」から出演依頼が届き、喜んだが、今度は収録当日に、突然収録が中止に。

その事情を「松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に収録は中止や!!ということになった…」と関係者から説明されたという。

 角田は「要するにあの時、ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、というのです」と1年前の「事件」がきっかけだと推察。共演予定だった和田アキ子から「あんた一体何があったん!?」と心配の電話がかかってきたことなども明かした。

 角田は「あれからもう何年たったのでしょう…かれこれ10年は経過しているのではないでしょうか!ボクは未だに何故こんなふうにこじれてしまったのかを推理しています」「ボクはこの事件、おそらくこうであろうと推理します」と記し、「松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者がまさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか?」と推論を展開した。

 そして「このブログに書くことでこの真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と、角田が思う「事件」の経緯を書くことで松本に伝わってほしい、という気持ちで訴えたことを記した


つまり角田信明は番組関係者にはめられた!と遠回しに言っているようなものだ。
角田信明としては松本人志を悪くは言えないので推測として不特定の番組関係者を悪者にしたわけだ。

1度松本人志本人と話しあってからブログを書いたほうが良かったのでは?
「角田信明はボディービルやなったり、、どうかしてる?」
想われても仕方ない。

松本人志の反応がきになる。



しかし角田信明はよく批判の対象となってしまうのも事実。
前述の武田幸三の引退試合のレフェリーを角田信明がしたが、その時も批判された。

続きを読む


ピザーラ社長の浅野秀則の経歴が凄まじい!鳥肌が立つほど奮い立たされる!! [社長 企業]

社長の経歴凄さを見るのは面白い。
波乱万丈の社長をみると応援したくなる。
今までに書いた社長の経歴など↓
* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?


今回は「ピザーラお届け!」のキャッチフレーズで有名であり人気のピザーラ創業者であり株式会社フォーシーズ会長の浅野秀則の経歴やエピソードを紹介しよう。


浅野秀則の父親は、100年を超える歴史を持つ紙器メーカーの社長だった。
浅野はその御曹司として生まれた、浅野秀則は当然のことながら後継ぎとしての道が約束されていた。

いわゆる”ぼんぼん育ちだった。。何だ面白くない、と思うのはまだ早い波乱万丈な人生はこれから始まる。

高校2年生の時に父親が倒れた。そして紙器メーカーの会社の経営権は親族に移りってしまった。
それからの浅野の生活は日々困難なものになってきた。


ピザーラ創業者の浅野秀則は父親が倒れてからは、財産の切り売 りで食いつないでいたという。

若い頃にこういう境遇になると社会転覆派になりがちだが、浅野は逆で『この野郎、何としてでも再興を果してやるぞ』 と思っていたという。

独立精神が生まれた浅野は、母親が始めた麻雀店を手伝いながら、豊富なアイデアで集客を果たすなど、商売の面白さに目覚める。

そして慶応大学在学中、浅野は自分で旅行代理店を始めた。 何と大学生の内に既に企業をしていた!!。
その理由も面白い。浅野は以下のようにかたっている。

「必死にお金を集めて、初めて行った海外旅行先のハワイに魅了されて、それから毎年行きたいなと。どうするか? 旅行代理店をつくってしまえば、添乗員として行けるわけですよ(笑)。慶応はもちろん早稲田、日大、日本女子大とかいろんな大学に支部をつくった。それでリーダーを決めて、客になる学生を10人集め てこい、そのかわり、集めたヤツの旅費はタダ。で、添乗員として客の面倒も見ろと。話が早くて画期的でしょ?」
多い時は500人、600人と、けっこうな”事業”規模になった。パンフレットやチラシもきちんと制作し、それをメンバーたちが、学校別・時間別に効果的に配付する。
「何のことはない、今、ピザーラでやってることを全部やってたんですよ」
普通の大学生にはない在学中の仰天エピソードだ。

アイデアに富み、生来親分肌な浅野は、この頃から起業家としての片鱗を見せ始めていたのである。


大学を卒業した浅野は、とりあえずは社会勉強だと就職するが、管理的な組織とは全く肌が合わず、わずか3ヶ月で退職。


そして25歳の時、『インフィニティ』というクラブハウスをオープンする。

ところが、オープンして間もなく、浅野は全身を大やけどするという事故に見舞われるのだ。

「ふ と気がついたら、揚げ物をしていた鍋から火が出てる。慌てて、何を思ったか新聞紙をかけたもんだから、火がもっと大きくなって燃え上がった。さらに慌てて 鍋を持ち上げたら、油面が揺れて顔にまともに浴びて……それで熱い!!って床に落としたら、今度は下からブワッと火が上がって全身火ダルマですよ」
浅野は、それでも服を脱ぎ捨て、裸になって燃えている火を踏んだ。奇跡的に消火できたが、浅野自身は肺にまで達する大やけどで、生死の境をさまようことになった。命だけは取り留めたものの、植皮手術で、1年半にもおよぶ療養生活を余儀なくされる。
命がけで守った店も、閉じるしかなかった。

更に浅野に不幸が襲う、療養生活中に母親が末期ガンだと分かったのだ。。



浅野は動けるようになると再起をかけ動き始めた。
資金も投じ、浅野が次に始めた事業はウーロン茶の輸入販売だ。
まだ、ウーロン茶など誰も知らない頃である。そのぶん、時代の先を行き過ぎていた。

結果として商品は全く売れず事業はあえなく失敗、残ったのは借金だけだった。

その借金を返すため、浅野は見よう見まねでラーメン店を始める、浅野のラーメン屋はかなり繁盛したようだ、可能ならピザーラ創業者のラーメンを食べてみたい、、
しかし浅野秀則は
「でも、真夜中に大量のガラを台車に乗せて、ゴミ捨て場に行くたび、これが自分のしたかったことなのか?と疑問がわいてね」
結局、店は人に貸すことにし、以降、浅野は健康食品などを全国行商したり、ビデオ店を始めたりと、商売を転々とする。なりふりかまわず働き続けた、ハングリーな時代だったという。
並大抵のメンタルではそこまでできない。幼少の頃にボンボンだったとは到底思えない底力である。


ピザ屋を始めたのは直観だった。何とエイリアン映画の名作「E.T」からインスピレーションを得たという。

「『E.T.』で、少年たちがデリバリーのピザを待つシーンを観て、これだ!!と。どうしてって、よく聞かれるけど、その頃は本当にハングリーでしょ、毎日いろんなビジネスを考えていたからアンテナが立ちまくっていたんでしょうね」
これもまた見よう見まねで、浅野はピザの生地づくりから研究を始める。同業他社はどこもアメリカの味を目指していた頃だ。
「でもアメリカの味って、ほとんど均一なんですよ。日本はラーメンにしても、北海道から九州までいろいろな味があるじゃないですか。味は差別化できるんだから、俺たちは日本人、特に女性の味覚に合うピザをつくろうと決めたんです」


そ して1987年に、『ピザーラ』第 1号店が誕生。同年、FCの1号店もオープン。以降、積極的なテレビCMが功を奏したこともあり、軌道に乗るのは早かった。何より、「食べ物屋としての基本は絶対にはずさない、コスト的に高くても食材には徹底的にこだわる」という強いポリシーが、その成長を支えてきた。
「ピザーラお届け!」は一気に全国区へ。

ついに97年、『ピザーラ』は宅配ピザ業界のトップに立つ。
振り返ってみれば、数々の苦難や失敗を通じて、浅野はビジネスの核心を全て学んできたのである。ラーメン店を貸したことで FCの基本を、ウーロン茶での失敗からは計画の的確な修正と引き時を、そして、行商経験では消費者の地域性や説得力ある販売方法を。

「独立を考えている人に言いたいのは、ひとつの、そして自分のアイデアに溺れず、常に2枚腰、3枚腰で考えて行動してほしいということ。そのうえで、もう打つ手がなければ、撤退する時期を見誤らないことです。だって、敗者復活戦はいくらでもできるんだから」

敗者復活戦はいくらでもできる!!






浅野.jpg

続きを読む


波乱万丈の社長達のエピソード経歴。企業希望の人はもちろん普段の生活にも役に立つ!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る

現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?


*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  


大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。



ローラの脇毛が凄い!過去には満島ひかりも、、、 [芸能人]

脇毛処理せずレッドカーペットに出席した女優が話題になっている、しかし 賛否両論コメントもサラリとかわすのはローラカークだ。ワキ毛を処理しなかったのはあの日本のタレント・ローラではない。ローラは脱毛の宣伝出ているのでありえない。

1月某日米・ロサンゼルスにて開催された「第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式」レッドカーペットに、米女優のローラ・カーク(26)が脇毛を生やした状態で出席し、話題を呼んだ。


ローラ・カーク(Lola Kirke 1990年)は英国出身の米国の女優。様々な出演経歴を持つそこそこ有名な女優である。5歳からニューヨーク市で育ち、ロックバンドのバッド・カンパニーや フリーの元ドラマーであったサイモン・カークの娘である。

なぜローラカークは脇毛ボーボーでレッドカーペットに望んだのか?

世間一般で多く広がる思考は「女性はムダ毛がないのが美しい」であるが、そうは思わない!男女平等であるべきだ!などと訴えるフェミニストグループもいる。ローラはフェミニストとして熱心に活動もしている。

しかし当然脇毛丸見え”のドレスアップには賛否両論の意見が寄せられた。

ピンク色のベアトップドレスを着こなし、処理されていない脇毛が丸見えの状態で堂々とポーズを取るローラ。

ローラはフェミニストとしても熱心に活動しており、その一環の行動だったと推測されるが、世間では「レッドカーペットの場にふさわしくない」「不快」など厳しい意見が上がっている。
逆にローラカークを応援するコメントも「個人の自由でしょ」「女性だから剃るべきというのはおかしい」といった声もあがった。


ローラカーク.jpg
ローラ自身は9日付のInstagramにて、ドレス姿の写真を投稿し、「私に殺害予告を送らないでくれた美しい皆さん、どうもありがとう!」とサラリとコメント。

「これは頭の良い返し」「信念を感じる」などの声が寄せられている。




脇毛を剃らないで話題になった学生のローラもいる。こちらも日本のタレントでハリウッド進出したローラではない。ローラは脱毛の宣伝で綺麗な〈一般的に〉体を披露している。

このローラは哲学を専攻するベルギー人の学生だ。先月、彼女は5月に写真家のFlorence Leclouxが撮影した写真の中から、自分ポートレートをシェアした。 その写真は脇毛が処理されていない脇毛ぼーぼーの写真だった。

ベルギー人学生のローラは「私は自分の体を自分がしたいようにした女の子です。男の子がしているように。」
と語り、女性が脇毛や無駄毛の処理をする事に対して疑問をなげかけた。

しかし投稿したfacebookには非常に多くの批判的コメントが寄せられた。
ローラは特に有名人でも芸能人でもない学生なのに、、
ベルギーローラ.png〈ベルギー人の学生ローラの脇毛画像はこちらでは掲載しません〉
ベルギー人学生のローラは
「私は自分の体を自分がしたいようにした女の子です。男の子がしているように。
その結果、辱め、嫌がらせ、侮辱、脅しを受けました。ベルギーやフランスでは女性は十分、社会的な権利を持っているとよく言われます。でも、これらの暴言が証明するように、実は違うのです。自由で進歩的だといわれるベルギーでも、女性が脱毛しないと懲らしめられる。」と語った。

しかし彼女を応援するフェミニストグループも現れて前向きなコメントもあった。
ある程度の批判は承知だったとは思うが予想以上の批判にローラも驚いたはずだ、しかしそれでも自分を貫いたローラは強いメンタルだ。
ありのままが好きな人もいるし嫌いな人もいる。もしくはワキ毛があえて好きな人もいる。
つまりは千差万別で色々な人がいる。

日本にもフェミニストな考え方の人がいる。その代表例は映画「カケラ」の演出だ。



続きを読む


マイケルジャクソン役に白人ジョセフファインズを起用したテレビ映画が放送中止に、その原因 [偉人]

マイケル・ジャクソン役に白人起用のテレビ番組が放送中止…原因は家族の批判受けた事による

マイケル・ジャクソンの都市伝説エピソードはお蔵入りに
 故マイケル・ジャクソン役に白人俳優のジョセフ・ファインズを起用したことで物議を醸していた英 Sky Arts のコメディーシリーズ「アーバン・ミス(原題) / Urban Myths」の当該エピソードが放送中止になった。放送中止になった原因とは?

【写真】マイケル・ジャクソン役に起用されていたジョセフファインズ


マイケル役.jpg
↑マイケルジャクソンとの比較写真。 
似ていない、、

KIMG1243.JPG
↑マイケルが被りそうな帽子とマイケルに似せた髪型でかなり寄せてはいる。思わぬ形で世界中から注目されたジョセフファインズ。

何が問題なのか?というとマイケルは肌の病気で色白になっただけで、マイケルは黒人である事に誇りを持っていたからだ。それを知っているマイケルの親族が批判をした事で放送を取りやめたという。
ちなみにマイケルの肌の病気の病名は尋常性白斑(しろなまず、白皮)という。


 番組は著名人にまつわる都市伝説を30分8話で描くもの。マイケルのエピソードは2001年のアメリカ同時多発テロ事件後、2009年に急死したマイケルジャクソンが往年のスターであるエリザベス・テイラー(ストッカード・チャニング)、マーロン・ブランド(ブライアン・コックス)と共に車でニューヨークからカリフォルニアを目指したといううわさを基にしたロードトリップもので、現地時間19日に放送される予定だった。

 昨年1月の時点でマイケル役に白人のジョセフが起用されたと報じられた時点で波紋を呼んでいた同作だが、先日、番組の予告編が公開されると騒動が再燃。マイケルの長女パリス・ジャクソンはTwitterで「多くの人たちと同じように、腹立たしく思っています。正直なところ、吐きそうになったくらい」と厳しい批判を展開していた。

 家族からの批判を考慮して Sky Arts は、同エピソードの放送中止を決定。「わたしたちは“本当にあった”と伝えられている出来事を気楽に楽しんでいただきたかっただけで、決して誰かを不愉快にしようと考えたことはありません」と声明で述べ、ジョセフファインズも放送中止の決定を支持していると発表している。

 パリスをはじめとする親族たちは、Twitterなどを通じて今回の決定に感謝の意を表明。同シリーズでは、ボブ・ディラン(エディ・マーサン)、ケイリー・グラント(ベン・チャップリン)、アドルフ・ヒトラー(イヴァン・リオン)などのエピソードが紹介される予定だ。


続きを読む


前の5件 | -